5月の学習ーその1 映画「交渉人」

□■□____________________________

_______________________________

◆英会話習得への近道。ー短文音読ー◆
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

_______________________________

______□■□

【映画】

5月の特集映画 『交渉人』

 ☆映画『交渉人』
シカゴ警察東文署に務めるプロの交渉人ダニー・ローマンは、同僚で親友のネイサンから、何者かが警察年金基金を着服していることを知る。やがてネイサンは何者かに殺害され、殺人と横領の嫌疑をかけられる。自らの無実を晴らすため、臭いと思っていた内務捜査局に押し入り、真相究明のため、人質をとって立てこもる。同じ人質交渉人のクリス・セイビアンとの壮絶な駆け引きを描く。

■do=kill・・・ 殺す

娘を人質に妻を寄こせと銃を持ち立てこもる凶悪オマー。緊迫した状態からの解決を図る交渉人ダニーとの緊迫したやり取り。

OMAR :Or I’ll do our daughter.
(さもないと、娘を撃つぞ。)
DANNY:Omar, listen to me.
(オマー、聞いてくれ。)
OMAR :No more fucking talking.I want that bitch, or  I’ll do the girl.
(お話はもういい。あの女を連れて来なけりゃ、娘を撃つぞ。)

☞do は多義語ですので注意が必要です。
その他の「do」の意外な用例

■役に立つ
Anything will do.
(何でも結構です。)

■だます
I’m afraid you’ve been done.
(どうやらはめられたね。)

■・・・を提供する、売る
They do a good range of wine.
(あそこはワインの品揃えがいい。)

■(時間・期間)を過ごす
do a year at university
(大学で1年学ぶ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■That’s not the play・・・遊びではない→本気だ

突入準備が整うが、人質の少女の安全のため、自らの危険を顧みずオマーとの交渉の現場に入ろうとするダニー。

DANNY:That’s not the play. Omar’s tight. He can get a shot off if they  breach.Look,Nate, I can still talk to him. I just need time.
(奴は本気だ。オマーは張りつめている。突入なんかしたら、銃を爆発させるぞ。ネイト、交渉の余地はまだある。時間をくれ。)

☞「play」の意外な用例

■(光などの)動き、ゆらめき
the play of light and shadow on the water
(水上の光と影のゆらめき)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【ことわざ】

・Too many cooks spoil the broth.
コックが多すぎるとスープがまずくなる。

※「船頭多くして船山に登る」と同じ意。

☞「spoil」の意外な用例

・spoil one’s appetite・・・食欲を失わせる

・the spoils of war ・・・戦利品

・A bird in the hand is worth two in the bush.
手中の1羽は藪の中の二羽の価値がある。

=================

お勧めの中国語講座はこちら