12月の英語学習 その8 映画「カサブランカ」

□■□____________________________

_______________________________

◆英会話習得への近道。ー短文音読ー◆
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

_______________________________

______□■□

【映画】

12月の特集映画 『カサブランカ』

 ☆映画『カサブランカ』
「君の瞳に乾杯」という映画史上最も有名なセリフで知られる名画『カサブランカ』。
第二次世界大戦を舞台とし、主役リックが経営するバーにラズローが1人の美しい女性イルザ・ランドと伴って現れる。パリで愛し合ったリックとイルザの再会により物語が大きく動く。リックにとって恋敵と言えるラズローとのやり取りにしびれた映画ファンも多いはず。「愛の葛藤」と「男の美学」が見事なまでに描かれてる。

 

■forget (about)it  ・・・ (謝罪に対して)もういいんだ、(お礼に対して)どういたしまして、(些細なことに対して)その話はもういいよ,
(提案などに対して)よしなさい

賭場のルーレット担当のエミールが2万フランもの大金を客に勝たれてしまい、雇い主に平謝りする。リックのエミールへの寛大な一言。

RICK:Oh, forget it, Emil. Things like that happen all the time.
(なあに、気にするな、エミール。この手のことはしょっちゅう起こることだ。)

 ☞  Q.「忘れる前に〜」を英語で言うと?

A.「before I forget」がよく使われす。日本語そのままですが、よく使う表現なので覚えておくといいと思います。
・Before I forget, let me give you my new phone number.
(忘れる前に新しい電話番号を教えておきましょう。)
→「教えておく」も咄嗟に英語に出来ない方が多いと思います。日常会話でもよく使うので口慣らししておくといいです。

 

 

■put oneself out (to do)・・・(他人のために)骨を折る

stick one’s neck out ・・・危険に身をさらす

ルノーは今夜このバーで殺人犯の逮捕劇があることをリックに予告した。リックが助けようとするのではないかと考え、無駄だと念押しするルノーとリックの会話。

RENAULT:If you are thinking of warning him, don’t put yourself out.
He can’t possibly escape.
(そいつに警告をしてやろうと考えているなら、おせっかいはやめるんだ。奴はどうしたって逃げられない。)
RICK:I stick my neck out for nobody.
(俺は誰ためにも自分自身を危険にさらしたりしないさ。)

☞ いろいろな意味がある「put out」

【消す】
・Put the candle out.
(ろうそくを消しなさい。)

【〜を出しておく】
・He put out new pajamas for me.
(彼は私に新しいパジャマを出してくれた。)

【〜に意識を失わせる】
・The pills put her out for a few hours.
(その薬で彼女は数時間意識がなくなった。)

【〜を怒らせる(受け身形でよく用いられる)】
・I was put out by being kept waiting.
(私は待たされてイライラした。)

【〜に負担(迷惑)をかける】
・I hope I’m not putting you out.
(お邪魔じゃないでしょうね。)
→この意味から、put oneself out が「自分自身に負担をかける」→
「他人のために骨を折る」の意になります。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ブログランキングに参加しています。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

1日1度、上のポタンをポチッと押して頂けると嬉しいです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

☞英語は早くて聞き取れないと思っている方にオススメの教材です。

【スコットペリー最新作】今日学んで明日聞こえる!効果抜群の新リスニングプログラム教材!リアル・イングリッシュ「ネイティブスピード」/今なら生の英会話を学ぶ「English Live」付き!