『人生はワンチャンス』ー「dog」の英語

今回は「dogに関連する英語を紹介します。

「犬」に関しては、日本語でも「負け犬」「犬も歩けば棒にあたる」など
多くの表現があります。

今回のテーマは、『人生はワンチャンス!』という本を読んでいて
思いつきました。(本の詳細はこちら

この本は、可愛い犬の写真と7つのカテゴリーの分けられた65の言葉が
秀逸で人生にとって「大切」なものを教えくれます。

そしてねこ版として、『人生ニャンとかなる!』もあります。

どちらも思わずニヤリとしてしまうお勧めの一冊です。

さて、本題に入ります。

以下のそれぞれの文の訳はどうなるでしょう?

・Barking dogs seldom bite.

・It’s a dog’s life.

・You made a dog’s breakfast of the room.

・She was dressed up like a dog’s dinner.

・Every dog has its day.

・It’s a dog-eat-dog world.

正解は次のようになります。

・Barking dogs seldom bite.
(吠える犬は噛まない。)

・It’s a dog’s life.
(惨めな生活だ。)

・You made a dog’s breakfast of the room.
(あなたは部屋をめちゃくちにしました。)
dog’s breakfastで「汚いさま;乱雑状態」の意味

・She was dressed up like a dog’s dinner.
(彼女は場違いの服装をしていた。)
be dressed up like a dog’s dinnerで「場違いの服装をしている」の意味

・Every dog has its day.
(どの犬にも幸せな日はある。)

・It’s a dog-eat-dog world.
(生き馬の目を抜く世界だ。)

 

日常英会話をマスターしたいあなたに今1番のお勧めの
メソッドはこちらです。

ブログランキングに参加しています。
1日1度、上のポタンをポチッと押して頂けると励みになります。

======================================

もう挫折しないオススメ英会話学習
60日完全記憶英会話

英会話教材
ADVANCED BEGINNER

コメントを残す