基本フレーズ集を活用する

英会話学校に通っても、簡単な自己紹介もできず辛い経験をしたという方も多い
と思います。

英会話の講師に「失敗を恐れてるから、話せないのです。」と言われ、メンタル
の弱さから話せないのだと自分を責める人も多いようです。

しかし、実際には、多くの英会話初級者は「英文を知っているけど話せない」の
ではなく、「単に知らないから話せない」という場合が多いと思います。

自分がどれだけ話せないかを確認するために、英語を話す環境に身を置くのもい
いと思います。

自分のモチベーションをあげるために、英会話学校に通うのもいいと思いますが、
最低限のフレーズを覚えたからにしないと、お金の無駄になる可能性が高いです。

場面別のフレーズ集を使って、日常生活で頻繁に使われる表現を身に付けること
で、ストレスなく自分の言いたいことを表現できるようになります。

以下の表現も日常でよく使われますが、頭の中で考えて作り出すのは難しいと思
います。広い意味で定型的な決まり文句と考えてどんどん口に馴染ませましょう。

□ちょっと見ているだけです。
☞I’m just looking.

□渋滞に巻き込まれました。
☞I was caught in a traffic jam.

□お待たせして申し訳ございません。
☞I’m sorry to have kept you waiting.

□それでピンときました。
☞That rings a bell.

□今、はまっていることはありますか?
☞Is there anything that you’re into right now ?

□料理はお口に合いますか?
☞How do you like your meal?

 

これらの基本フレーズを覚えるのにおすすめは、
「すぐに使える英会話 ミニフレーズ2500」(Jリサーチ出版)です。