オススメ記事

□■□____________________________

_______________________________

◆英会話習得への近道。ー短文音読ー◆
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

_______________________________

______□■□

【映画】

12月の特集映画 『カサブランカ』

 ☆映画『カサブランカ』
「君の瞳に乾杯」という映画史上最も有名なセリフで知られる名画『カサブランカ』。
第二次世界大戦を舞台とし、主役リックが経営するバーにラズローが1人の美しい女性イルザ・ランドと伴って現れる。パリで愛し合ったリックとイルザの再会により物語が大きく動く。リックにとって恋敵と言えるラズローとのやり取りにしびれた映画ファンも多いはず。「愛の葛藤」と「男の美学」が見事なまでに描かれてる。

■get used to ・・・ 〜に慣れる

当時のドイツは、ヒトラーの政権下で飛ぶ鳥を落とす勢い。ドイツ国民は特別という意識があっても不思議ではない。しかし、リックのバーにある特別室に入れてもらえないドイツ人紳士が激高して一言。

BANKER:All of the nerve! Who do you think...? I know there is gambling
in there.There is no secret. You dare not keep me out of here.
(なんと厚かましい。そこでギャンブルをしていることは分かっているんだ。秘密でも何でもないだろ。私をここから追い出せるものか!)

厚かましいを意味する「nerve」と「dare」

□“nerve”の基本的な意味は、『神経、度胸』
・calm one's nerves  神経を落ち着かせる

・It takes a lot of nerves to do skydiving.
(スカイダイビングをするには大変な勇気がいる。)

□『厚かましい』を意味する“nerve”
・She have a nerve to ask for more.
(もっとくれなんて図々しい。)

次の言い回しは、よく会話で『何と厚かましい!』の意味
で使われます。理屈抜きで覚えるといいでしょう。

・The nerve of it!

・What a nerve !

・Of all the nerve !

・The nerve of you!

□“dare”の基本的な意味は、『思い切って〜する、ずうずうしくも
〜する』
・I wouldn't dare to speak to her when she's pouting.
(彼女がすねている時にはあえて話かけようとしない。)

□dareを用いた慣用表現
(イ)How dare you〜! 「よくもずうずしく〜できるな」
・How dare you accuse me of lying !
(よくもまあ私がウソをついたなんて責められるね。

(ロ)dare say〜  「だぶん〜だろう」
・I dare say you've already heard about this.
(このことについてはおそらくもう聞いていると思いますが。)

 

■be open to ・・・ (場所・物が)利用できる

上記のシーンの激高したドイツ人に対して、リックは特別室への入室を断った上、彼の面前で名刺を破る。「私を誰だか分かっているのか?」と凄んだセリフにリックの落ち着いた一言。

RICK:I do. You're lucky the bar's open to you.
(分かっています。あなたは、バーに入れるだけ運がいい。)

☞ 「open」の意外な意味

□広々とした、見通しのよい
・an open view   広く見渡せる眺め

・a room to the south 南に面して窓のある部屋

□すきまのある、まばらな
・open teeth  すき歯

・an open distribution of population   まばらな人口分布

□(批判・誤解などを)受けやすい
・Your conduct is open to criticism.
(君の行動は批判を招きやすい。)

・open to question    疑問の余地がある

□未解決の
・leave it open   その結論は保留にしておく

※ちなみに、「オープントーナメント」の「オープン」は
「誰でも参加できる」の意味で使われています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【7+English】~60日完全記憶英会話~ 世界の「七田式」の最新英語教材。600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター

おすすめの記事