ウェブサイトの英字新聞・英文雑誌でリーディング力をつける

リーディングの上達のために英字新聞英文雑誌を購読されている方も多い
はずです。

せっかく買った雑誌なので、最初から最後まで読まないともったいないと
いう気持ちになるのは人情ですが、それは挫折の原因なります。

日本語の雑誌を読む場合でさえ、最初から最後まで読むことは大変だと思い
ます。

たいていは、興味の持てる記事はある程度限られているはずですので、英字
新聞や英文雑誌も特に興味の持てる記事を2、3記事読めば十分と割り切り
ことも大切です。

しかし、英字新聞や英文雑誌は、割高なものが多く、そんな贅沢な読み方は
できないと思う人も多いでしょう。

そこで、ネットを利用すると海外の媒体が想像以上に豊富に無料で読めること
ができます。

これらが全て無料で読めるとは、私が学生の頃を考えれば、隔世の感がします。

 

image

全米50州全てで販売されている全国的な新聞で、
図表や写真をふんだんに使って読みやすい。

ニューヨーク・タイムズなどのに比べ比較的読みや
すい新聞として、日本人学習者の間でも人気がある。

以前は、産経新聞社が代理店契約を結んでいた。

http://www.usatoday.com

 

image ニューヨーク・タイムズは,同性婚に寛大などリベラル
な論調で知られるアメリカを代表する高級紙。

USA TODAYと比べ使われる語句は難解で、アメリカの
文化、宗教、歴史などの背景知識がないと理解が困難。

日本人学習者にはハードルが高い。上級者向け。

http://www.nytimes.com 

 

image「TIME」誌は、格調高い英語で有名な雑誌で、日本人
の英語学習者なら一度は憧れる雑誌。

その難解さから、日本人が英語学習の素材として利用
することには賛否湧かれが、根強いファンも多い。

日本関連の記事なら日本人でも比較的読みやすい。

http://www.time.com/time/

 

image

The Japan Timesは、日本の英字新聞として最も有名
で、一度は購入した英語学習者も多いはず。

日本に関連する記事が多いので、内容を理解しやすく
ボキャブビラリービルディングにも最適。

読み始めは苦労するが、語彙に慣れれば読みやすい。

http://www.japantimes.co.jp

 

imageThe Economistは、「世界で最も重要な政治経済誌」と
言われるイギリスの週刊新聞。

世界のリーダーと互角に渡り合うために必須の情報源。

経済や金融だけでなく国際政治、科学、文化、芸術など
多方面に渡る知識が身につくが、難易度は高い。

http://www.economist.com

 

image

「フィナンシャル・タイムズ」は、イギリスで発行され
ている日刊新聞。

The Japan Timesがある程度読めて、金融に興味がある
ならお勧めの日刊新聞。

「The Economist」よりは、だいぶ読みやすい。

http://www.ft.com/home/uk

 

image

「ウォールストリート・ジャーナル」は、ニューヨーク
で発行される国際的な影響力を持つ日刊新聞。

サイトの読みやすさなど、私個人的に一番お気に入りの
ウェブサイト。

日本人にとっても、記事も読みやすく、ためになる。

http://asia.wsj.com/home-page