お勧め英会話教材ランキング

英会話教材は、書店で売られてい英会話集など比べると高額なものが多い
ので、どれが「効果が高いのか?」「評判がいいのか?」と判断に迷う
ところだと思います。

私が個人的に英会話初級者にお勧め教材ラングキングは以下の通りです。
詳しいレビューもございますので、ご参考にしてください。

順位 教材名 作成者 商品説明
 


60日完全記憶
英会話
Digital Fusion 英会話習得に最強教材!
英会話習得に必要な「型」が身に付く当サイトのイチ押!英会話教材。
「知識はあるけど話せない」そんな英語学習者はこの教材に60日真剣に取り組みましょう。
詳細はこちら>>
 


英語ペラペラ君
ユニバーサル
パートナーズ
コストパフォーマンスが魅力
類似の教材に比べて割と安価で手に入るコストパフォーマンスに優れた教材。いっけんふざけたネーミングだが英会話の基礎が身に付く濃い内容です。
詳細はこちら>>
 


yuki式英会話
Frontline
Marketing
Japan
発音もバッチリ身につく
英会話に重要な要素である発音に力を入れた教材。ネイティブらしい発音にこだわる方には、特にお勧めの教材です。
詳細はこちら>>

この中でも60日完全記憶英会話は、特にお勧めです。

「英単語も英熟語もたくさん知っているのに、全く話せない。」
そんな学習者の救世主となる教材です。

私も多くの友人に勧めてきましたが、非常に満足度が高い教材です。

学習すべきことが明確なので挫折しにくいのも特長です。

オススメのリスニング教材

「リスニング」の学習にもっとも苦労している学習者も多いのではない
でしょうか?

「どこから手をつけたらいいのか分からない!」

リスニングの学習に苦労していいる方は、次の2つの教材がお勧めです。

30日間英語脳育成プログラム

1000時間ヒアリングマラソン

「30日間英語脳育成プログラム」は、リスニングに自信が持てない初心者
にお勧めの教材です。

また、「1000時間ヒアリングマラソン」は、教材のクオリティーが
高く、英語上級者に広く愛されてきた王道教材と言えます。

ただ、学習内容のレベル、ボリュームともに初心者には
少々骨が折れる教材と思います。

「30日間英語脳育成プログラム」→「1000時間ヒアリングマラソン」
というのが自然な流れです。

オススメのスピーキング教材

60日間完全記憶英会話
日本の英語教育の第一人者【七田式】を、さらに進化させた
日常会話をマスターするメソッドです。

人気の教材ですので、詳しい紹介はこちら

もう1つスピーキングのオススメの教材は
YouCanSpeakです。

分量的にもここまでやれば大丈夫というボリュームで、
しっかりとしたスピーキング力をつけたい学習者には
絶対の自信を持ってオススメしています。

将来的には、英検1級レベルを目指したい大学生なんかには、
その第一歩として最適です。

ただ、「YouCanSpeak」をしっかりと学習すれば、
相当の力がつく代わりにそれなりの時間がかかります。

・スピーキングの学習に時間が取れない

・日常会話程度で充分

こういった方には、次の教材がオススメです。

英語ペラペラ君(初級編
名前がふざけた感じなので敬遠する方もいるでしょうが、
教材の中身としては、短時間で効率的に英語を話せる良いものと
なっています。

中級編もありますが、まずは値段も手頃な初級編からがお勧めです。


英語教材を購入する前に

英語学習と一口に言っても人それぞれによって、英語に対する優先順位
も違うと思いますので、時間的に若しくは金銭的に「YouCanSpeak」を
利用する余裕がない方は、上記の2教材がオススメです。

特に、英語ペラペラ君は、英語の学習を頑張ろうか迷われている方には、
金銭的にもリスクが少ないですし、比較的短時間で効果を実感すれば、
モチベーションもアップしていくはずです。

この2教材のいづれかでスピーキングの力がついたのを実感できたら、
さらに上位の教材を購入するのがいいでしょう。

ところで、私がスピーキングの教材の判断の基準にしているのは、
基本的には、以下の3点になります。

・一定の分量がある
・楽しみながら学習できる
・学習法の理論に納得できる

「一定の分量がある」というのは、上記3つの中でも必須です。

やはり、会話ですから、「この50フレーズを覚えればペラペラ」とか
はあり得ない思います。

「一定の分量」を半年間なら半年間じっくりとスピーキング力をつける
ために取り組むといいと思います。

また、「楽しみながら」というのも重要です。

英語学習の挫折の一番の原因は、
その単調さから飽きてしまうことです。

何かゲーム性があって楽しめるのがいいと思います。

そして、「学習法の理論に納得できる」といのも教材選びで大切だと
思います。

当然、教材を購入すれば、短くて3ヶ月程度、長くなると1年以上の
長期にわたってその教材と格闘することになります。

「学習法の理論」に納得していないなら、教材を続けていくことに迷い
が生じてくるものです。自分が信じられる教材を選びましょう。

そういった理由で、「聞き流すだけ」といった安易さを売り物にする
教材には一切興味ありませんし、誰にも勧めることはしません。

オススメの発音教材

リスニング、スピーキング、リーディングに皆さん力を入れますので、
なかなか発音に時間やお金をかける人は少ないです。

ただ、発音の学習は、のちのちにリスニングやスピーキングの学習に
大きな影響を与えます。

発音の教材として定評のあるオススメの教材は次のものになります。

ネイティブスピード 

【関連記事】

英語教材の選び方

オススメの英語教材(書籍)