リスニングの学習法

「リスニングの学習」というと特に初心者の方は、何から手を付けていい
のか分からないという声が多いです。

今まで、しっかり学習したことがない分野なので、苦手意識を持ったまま
だからと思われます。

しかし、逆に考えると、あまり学習をしてこなかったからこそ、しっかり
取り組めば、伸びしろが大きいと言えます。

リスニングの学習にあたって必要な学習は主に次の3つになります。

1.発音の学習(リエゾン、リダクションなど)
2.リスニング素材を聴く(教材、ラジオ、テレビなど)
3.読書(洋書、英字新聞など)

語学は、毎日少しずつでも学習するというのが、私の基本方針なのですが、
リスニングに関しては、最初の3ヶ月を集中して学習しましょう。

毎日少しずつでもいいのですが、それですと上達をなかなか感じることが
できないので挫折しやすいのです。

集中して学習することによって、上達の感触を得ながら、モチベーションを
維持することができます。

発音の学習

正しい発音を学ぶには、前節で説明した通り、

・子音と母音の正しい発音
・リズムとイントネーション
・音と音のつながり(リエゾン)
・消える音(リダクション)
・アクセント

少なくともこれらを一通り学ばなくてはなりません。

リスニングの学習に発音のトレーニングは欠かせないのですが、これらを全て
完璧にしていたら、なかなかリスンニングの学習に進めません。

ですから、リスニングの学習を1時間学習するとしたら、その内15分を発音
のトレーニングに充てるというふうに学習するのがいいと思います。

ただ、リエゾンとリダクションの基本的なルールは、知っておくとリスニング
がスムーズにいきますので、早いうちに集中して学習しましょう。

リエゾンやリダクションなどの発音の学習に役立つお勧めの教材は以下に通り
です・

・英語リスニングのお医者さん(ジャパンタイムズ)
・英語の発音がみるみるうまくなる(ナツメ社)
・フォニックス“発音”トレーニングBook(アスカカルチャー)

 また、書籍ではありませんが、有名芸能人やハリウッド女優など、2000人
以上に発音矯正指導してきたスコットペーリ先生のリスニングパワーも評判の
良いお勧めの教材です。

リスニング素材を聴く

リスニング素材とは、学習教材、ラジオ、テレビ、洋楽などの音声になります。

最近では、アプリyoutubeなどもリスニング素材として利用している方も多い
ようです。

どの素材を利用するにしろ、はじめのうちは、何度も繰り返して聞いて、音を
正しく理解する学習法が一般的です。

ある程度、学習の段階が進むと、いろいろなジャンルを大量に聞くという学習
も大切になってきます。

英語を聞く姿勢には、大まかに次にのように分けられます。

1.集中して聞く
ただ漠然と聞き流すのではなく、一字一句集中して英語を聞くのが学習効果が
高くなります。

ディクテーションシャドーイングが効果的な学習法として知られてい
ます。

2.聞き流す
聞き流す学習というのは、否定的な意見が多い学習法です。

しかし、リズムやイントネーションを掴むためには、空き時間にリラックスして
洋楽を聞いたり、テレビでCNNを見るのも有効な学習になります。

聞き流すだけで英語を身につけることは出来ませんが、日頃から暇な時間に英語
を流し聞きする習慣をつけることは悪いことではありません。

また、テレビニュースは、視覚情報に頼るので良くないという意見もありますが、
ナレーターの口元を観察できるので、発音に関して口をどの程度開けているのか
などを学ぶことができるのでリスニング素材として優れていると思います。

読書

リスニングの学習法で「読書」をあげると、意外に思われる方も多いと思います。

しかし、通常の学習者であれば、読んでも全く理解出来ない文章を、聞いて理解
するのは難しいです。

読書により、英語のセンスを身に付けることによって、リスニング能力にも大きく
貢献します。