【世界の七田式】子ども向け英語教材 7+BILINGUAL(セブンプラス・ バイリンガル)の効果と評判は?

口コミ評判が高い幼児・小学生向けの英会話教材として
七田式】子供向け英語教材7+BILINGUALセブンプラス・
バイリンガル)を紹介いたします。

7+BILINGUALとは?
楽天市場ランキング4部門1位などの実績により、多くの方に選ばれている幼児・小学生向けの英会話教材です。七田式のバイリンガル・メソッドにより英会話フレーズが母国語のように子どもの脳に深くインプットさせることを目指します。

主に次のようなメリットを感じて購入される方が多いよ
うです。

  • 1日7分で20の英会話フレーズをインプット
  • 子供が普段口にする厳選700フレーズを「完全記憶」
  • 特別に作られた音声を使用し「高速学習」が可能
  • 英語だけでなく「脳のトレーニング」にもなる

我が家の4歳の娘のための英会話教材として購入しました。

【世界の七田式!】35日完結バイリンガル英語脳プログラム<七田式>

教育熱心なご家庭ですと、“英語はネイティブに教わるのが一番”だと
近くの英会話教室に通わせるケースが多いと思います。

実は、我が家でも英会話教室に通わせることを検討していました。

しかし、週1回60分程度では、英語が身につくには接する時間数が
少なすぎます。

もちろん、お遊び程度なら悪くはないのですが、それに月額数万円で
年間うん10万円ものお金を使うのはあまりにコストパフォーマンスが
悪すぎます。

そうこう迷っている間に職場の同僚の息子さんが、成果の上がらない英会話
教室から7+BILINGUALに切り替えて、ネイティブ並みとは言わないまでも
英語のフレーズがスラスラと口から出るようになった(しかも綺麗な発音で)
とのお話を伺ったのをきっかけに、公式サイトを調べてから購入することに
決めました。

返金保証があるとのことで、購入する側からすると金銭的なリスクもなく、
販売会社側の教材の効果に対する自信が伝わってきます。しかも教材自体が
他の代替教材や英語教室に比べるとかなり安価です。

我が家が7+BILINGUALの購入の目的と成果

7+BILINGUALの公式ページを調べて、私が7+BILINGUALを購入しよう
と決意したのは、七田式が幼児教育の権威として子供の能力開発で多くの
優れた実績があったからです。

また、購入の目的は、日本人の弱点と言われる部分である発音(リズム、
イントネーション、音声の聴き取りを含む)を吸収力の高い幼児の段階で
高めたいと思ったからです。

自分自身、中学校からの受験英語のおかげで、洋書などは割と苦労すること
なく読めるようになりましたが、発音は本当に苦労しました。(今でも格闘
をしています。)

例えば、ガソリンスタンドという非常に限られた状況であるにも関わらず、
“Fill it up,please.”(ガソリン満タンお願いします。)と言う簡単なフレーズ
の発音が通じなかったりなど、多くの苦労をしました。

娘には同じ苦労をさせたくないという親心で購入をいたしました。

詳しくは後述しますが、特に発音に関して効果が抜群で、スポンジが水を吸収
するがごとく正しい発音を身につけてくれていると思います。

大人になるとうまく真似できない英語特有の強弱のリズムが自然に身について
くれます。この点は想像以上の成果でした。

ただし、我が家では、当教材を購入して3ヶ月ほどですので、同僚の息子さん
のようにフレーズがスラスラ口から出るほど、まだ記憶が身に染み込んでいる
訳ではありません。

ですので、35日でネイティブ並みにペラペラという訳にはいきませんでしたが、
語学は時間がかかるものです。

もともと過剰な期待はしていませんでしたので、開始90日での成果としては非常
に満足しています。

今後の課題は、フレーズを定着させることで、英語で簡単な会話のキャッチボール
ができるようになることです。

 7+BILINGUAL(セブンプラス・バイリンガル)の強み

子供が学ぶ英語教材は、多くの会社から出版されています。

では、七田式の7+BILINGUALと他の教材との違いはどんな点にある
のでしょうか?

①幼児教育に強みがある

②右脳開発に強い

この2点が私の購入動機でした。

①幼児教育に強みがある

①の幼児教育に強みがあるというのが、特に重要だと考えました。

定評のある英会話の会社は多いのですが、社会人の英語学習と幼児の英語教育
は全く違うと思います。

と言うのは、社会人であれば、英語を身につけるメリットを考えて、自発的に
学習することが可能だと思います。しかし、幼児を育てている親御さんならお分
かりになるでしょうが、幼児は将来の損得なんて一切考えません。

どんなに優れた英語教育のメソッドが導入されていようが、幼児は興味がなけれ
ば、一切目もくれません。

「しんどいけど、将来のために頑張るか!」なんて発想は、最低でも小学校の
高学年にでもならないと出てこないと思います。

その点を知り尽くしてか、 7+BILINGUAL(セブンプラス・バイリンガル)の
カラフルな箱に娘はすごく興味を示しました。

また、箱の中に、お絵かきのノートがあるのですが、これに真っ先に興味を示し
ます。そして、楽しそうに落書きタイムに入ります。(笑)

ただ、そのことによって、「この箱の中にあるもの=楽しい」とポジティブな印象
を持ってくれたら、しめたものです。

②右脳開発に強い

7+BILINGUALのいちばんの購入動機は英会話習得ですが、右脳を活性化させる
高速学習にも非常に興味がありました。

7+BILINGUALの英会話CDでは、ノーマルスピードだけでなく、3倍速での音声
も収録されています。

高速で「見る・聴く・読む」ことによって右脳を活性化させ、右脳パワーを目覚ま
せる効果が期待できます。社会人でそういった右脳トレーニングをしている方も多
いです。

娘は最初こそ、3倍速の音声を聞いいて、ゲラゲラ笑っていましたが、今は違和感
なく、楽しんでいます。このことが将来の能力開発に繋がることに期待しています。

子供が英語を学びならがら、右脳の開発をするというコンセプトがあるのは、他に
真似できない七田式ならではだと思います。

7+BILINGUALに対する感想

自宅に届いた7+BILINGUALを手に取った感想は次の通りです。

■ 文法の解説はありません

あたり前ですが、対象年齢のお子さんが文法用語を使っての解説なんて
理解できるはずがありません。

何しろ、うちの娘は4歳です。日本語に対する分析だってできませんし、
そもそも50音のひらがなでさえ怪しいくらいです。。。

幼児への英語学習に文法の解説は不要だと個人的には考えていますので、
文法の解説がないことに不満はありません。

■ 単語数の多いフレーズが多い

会話形式になっていますので、“I see”や“Really?”や“Amazing!”など1,2単語
と短いフレーズも多いですが、平均すると1フレーズあたり5〜7単語くらい
になるのではと思われます。(厳密に計算した訳ではありません。)

ですので、当然の様に10単語を超える様な文章もよく見かけます。

■多様な表現が学べる

前述で1フレーズあたりの単語数が多いと書きましたが、

“I have no idea”とか“Are you kidding?”とか“I can’t wait!”などの多様な
表現が学べます。

これらは、短いフレーズですが日常生活で頻出の表現です。実用性を重視
した構成になっているのが嬉しいです。

■思ったよりフレーズのレベルが高い

・How long does it take to get there?

・It  is my first time to play beach volleyball.

・It looks more exciting than a Disneyland attraction!

これらの表現が初期の段階であたり前の様に出てきます。

もちろん、受験英語を経験された方からすれば簡単かもしれませんが、
中学生にでもこれらの表現を文法的に理解させるとなると、決して容易
な内容ではありません。

しかし、会話をするならスムーズに口から出てきて欲しいフレーズです。

子供に理屈抜きでこれらの表現を習得させるというのは、オーラル・コミ
ュニケーションを重視する昨今の英語教育にマッチしていると思います。

【世界の七田式!】35日完結バイリンガル英語脳プログラム<七田式>

7+BILINGUALの中身と学習法

さて、7+BILINGUALの肝心な中身ですが意外とシンプルなものに
なっています。

また、学習法もマニュアルに従って悩まずに進めることができます。

7+BILINGUALの中身

送られてくる教材の中身は次の通りです。

・CD 15枚

・使い方マニュアル

・英文テキスト集

・イラスト集

・ぬりえ

学習の基本となるのが、CD15枚と英文テキスト集になります。

テキストは、DAY1〜DAY35までの35パートを学習します。

以下の様に1パートあたり、見開きで2ページで見やすくなってい
ます。

DAY1パートあたり平均20フレーズあります。

1日20フレーズ×35日= 700フレーズ

毎日学習を続ければ、35日で700フレーズを習得できます。

学校で勉強するような英語文章ではなく、実際にネイティブに厳選してもらい、日常で子供が使う英会話フレーズを収録しています。 この厳選フレーズ700を完全記憶できるので、非常に自然な英会話を子供が話し始めるようになります。〜公式サイトより引用〜

また、魅力的な声のキャラクターたちのナレーションによるストーリー会話になっ
ていますので、楽しみながら学べます。

7+BILINGUALの学習法

7+BILINGUAL(セブンプラス・バイリンガル)でどの様に学習を
していくかは、マニュアルで3つのSTEPが指示されています。

STEP1 日本語で聴いてみよう

STEP2 英語で聴いて、リピートしよう!

STEP3 たくさん音読しよう!

特別に変わった指示はありません。

ここからは、うちの娘が学んだ時のことを絡めて書きます。

STEP1で「日本語で聴いてみよう」とありますが、英文テキスト集の
前にイラスト集を開きながら、どんなお話なのか興味づけをさせるとい
いと思います。

次のSTEP2の「英語で聴いて、リピートしよう!」ですが、等倍速と
3倍速の英語音声があります。

ただでさえ聞き慣れない英語という音声の上に、とても速い3倍速での
再生に面食らうと思いますが、高速視聴により右脳が活性化され、バイ
リンガル・スイッチがONになる効果があるようです。

STEP3の「たくさん音読しよう!」

CDから流れる等倍速の会話が「英語→【音がない部分】→英語→
【音がない部分】」の順で流れてきます。

音がないポーズの部分でリピートをします。

ちなみに我が家のルールでは、「子供の発音を親が矯正しない。」と
決めています。

例えば、“Let’s go !”を子供が「ウエッツ ウオー」とリピートしようもの
なら、「よく聴いてごらん。レッツ ゴーでしょ。」と修正したくなるのが
親心だと思います。

ただ、そうしてしまうと、せっかく日本人英語でない正しい発音を身に
つけさせようとしているのに、文字につられた間違った発音になることを
危惧しています。

子供の耳を信じて、リピートをさせるといいと思っています。

参考までにCDのトラックは次のように構成されています。

・1番目のトラック Japanese(日本語)

ストーリーが日本語で収録されています。

どんなストーリーだかイメージをしてから聞くと
いいでしょう。

・2番目のトラック Listen(リッスン)&Repeat(リピート)

等倍速と3倍速の英語音声が収録

・3番目のトラック

等倍速の音声が収録さています。(復習のために過去3日分の音声も
収録されています。)

まとめ

使い方マニュアルでは、「幼児期、とりわけ0歳から6歳までの学習効果が
きわだって高い」と記載がありますが、小学校の低学年から高学年のお子様
でも十分に役立てる教材だと思います。

うちの娘は4歳ですので、内容面より発音面(アクセントやリズムの強弱)
を重視して取り組ませていますが、小学校の高学年のお子様なら意味をしっ
かりと理解させた上でフレーズを覚えさせるといいと思います。

親の贔屓目かもしれませんが、娘が「How long does it take to get there?」
と綺麗な発音で口ずさんだりとびっくりさせられることが度々ありましたが、
意味は全く理解していないようです。

しかし、たった1つの教材の3ヶ月の効果としては充分だと思っています。

むしろ、子どの吸収力の高さと、それを引き出せる7+BILINGUALの完成度
の高さに驚いています。

金額面だけ見れば、29、800円という値段は、決して安い買い物だとは
思いませんが、期待できる効果から考えたらかなりお買い得感があると強く
お勧めできます。

また、全額返金保証(購入から60日〜90日以内に効果がなかった場合
に申請できます)がありますので、自分の子どもにも本当に効果があるのか
不安な方も金銭的なリスクなくお試しができると思います。

詳しくは公式サイトをご確認してみてください。

【世界の七田式!】35日完結バイリンガル英語脳プログラム<七田式>