英語の音の変化②「破裂音が聞こえなくなる」現象

「破裂音が聞こえなくなる」のは、口の省エネのため、破裂音が「最後まで
発音され
ない」ことにより生じる現象です。「脱落」や「リダクション」と
も言われます。
※「破裂音」とは、[p
][t][k][b][d][g]の6つの音です。

「最後まで発音されない」というのは、破裂音の口の形だけを作って、息を
出さないということです。つまり、破裂のない破裂音ということです。

破裂を伴わないで発音されることを、「飲み込まれる」と表現されることも
あります。

「子音が飲み込まれる」の意味と具体例

例えば、「p」の発音で言えば、次の③の段階がなく、①②の2段階で終わっ
てしまう
ことになります。

①唇を閉じ、息の流れを止める
②そのまま息の流れを止めておく
③唇を急に開いて、「プッ」と息を吐き出す

なじみ深いところで、具体的な例を挙げれば、

good time グッド タイム → グッ()タイム

sit down  スィット ダウン → スィッ()ダウン

これらを、恐らく中学生の時から右のように発音していたと思います。

ただ、注意して頂きたいのは、()の部分は音が抜け落ちますが、その部分
を①②の段階まで口を作って発音しようとした“ほんの一瞬の間”が存在する
ということです。

「子音が飲み込まれる」理由

では、どんな時にこういった現象が起こるのかと言えば、

(イ)「同じ子音」「似た子音」が連続して発音しにくいとき
(ロ)「大きなエネルギーが必要な子音」が連続するとき

つまり、「口が省エネ」する訳です。

日本語でも、「まったく」のことを「ったく」と言ったりするのと同じこと
です。

子音が飲み込まれるパターン(イ)「同じ子音」「似た子音」の連続

「同じ子音」が連続したときの、「破裂音が聞こえなくなる」現象の具体例
を挙げます。

[d]+[d] good  day   グッド デイ → グッ()・デイ
[g]+[g] big  game   ビッグ ゲイム → ビッ()・ゲイム

「似た子音」が連続したときの、「破裂音が聞こえなくなる」現象の具体例
を挙げます。

[d]+[t]  good  time  グッド タイム → グッ()・タイム
[v]+[f]  I’ve found    アイヴ ファウンド → アイ()・ファウンド

 これらのパターンはよく見かけます。

子音が飲み込まれるパターン(ロ)大きなエネルギーが必要な子音の連続

「同じ子音」「似た子音」が連続したとき以外にも次のような場合にも、最初の
破裂音は聞こえなくなります。

□破裂音+破擦音[t∫,dʒ,tr,dr]
(例)that  church ザット チャーチ → ザッ()チャーチ
□破裂音+摩擦音[f,v,θ,ð,s,z,∫]
(例)at  the  アット ザ → アッ()ザ
□破裂音+鼻音[m,n]
(例)Good morning グッド モーニン → グッ()・モーニン

「音が消える」現象

今までは、2つ以上の単語の間で音が脱落する現象を紹介しましたが、1つの
単語内で「音が消える」現象を紹介します。

多くのパターンがあるのですが、主なものを紹介します。

============
[t][d]は消えやすい
=============

[nt][nd]の形

[nt]→ tが消える  twenty   トウエンティ → トウエニィ
[nd]→ dが消える   handle ハンドル → ハンヌル

[tn][dn]の形

[tn]→ tが消える  certain   サートゥン → サー()ン
[dn]→ dが消える sudden サドゥン  → サ()ン

[tli]の形

[tli]→tが消える  exactly イグザクトリー → イグザク()リー

これらのパターンでは、文字上の発音からは、想像もつかない発音になるものが
多いので、注意が必要です。

例えば、元アメリカ大統領のクリントン(Clinton)大統領の発音は、「クリンン」
と聞こえます。

私も外国人と話しているとき、暫くの間、『一体「クリンン」って誰だろう?』
思っていました。

=============
語末の破裂音は消えやすい
=============

[p]が消える例  help ヘルプ → ヘル()
[d]が消える例  God     ガッド → ガッ()

 

「破裂音が聞こえなくなる」現象を学ぶお勧めの書籍

「破裂音が聞こえなくなる」現象を学ぶにも、CD付きのテキストが必須になり
ます。

リエゾンの現象を学ぶときと同じ書籍の紹介になりますが、以下がお勧めです。

ハイディ矢野の法則77(ハイディ矢野 著)
☞最初の一冊のお勧め

『英語の耳』になる!BAISICリスニング基本30のルール
(長尾和夫、アンディーバーガー 著)
☞「耳慣らし」の量をこなすのに最適の一冊

英語の発音パーフェクト学習辞典 (深沢俊昭 著)
☞これ一冊で疑問が解消できる骨太の一冊

===================================

・「リスニングパワー
☞発音指導の権威による最強教材