英会話のパターンを身につける

英語を話せるようになるためには、英文をたくさん音読して身につける方法
が最近の主流になっています。

実際多くの例文集が出版されています。

どんな例文を学習すればいいか迷う人も多いと思います。

ただ、手っ取り早く英語を話せるようになるになるには、「英会話のパターン」
をしっかり身につけることが大切です。

「英会話のパターン」とは何かと言えば、

1.人に者を頼むとき
Would you mind 〜 ing ?
(〜していただけませんか?)

2.人に謝るとき
I’m sorry to 〜
(〜してすみません)

3.人を誘うとき
Shall we 〜 ?
(〜しようか?)

これらのように、その状況に応じて使える会話のパターンです。

その他にも、相手を慰めるとき人を褒めるとき自分の気持ちを伝える
ときなど様々な状況が考えられます。

会話というのは、その状況に応じてある程度パターンが決まってくるのは
英語も日本語も同じです。

ただ、そのパターンも無限にありますので、

1.ネイティブが実際によく使うこと

2.応用しやすいこと

3.長過ぎないこと

この3点を意識して絞って例文を覚えていくといいでしょう。

1の「ネイティブが実際によく使うこと」というのは大前提です。

実際に使われない表現をいくら覚えて意味ありませんよね。

また、「応用しやすい」というのも大切です。応用しやすいとは、単語を
入れ替えることによって無限に無限に使い回しができる表現です。

一例を言えば、

・I have a 〜 
・I am a  

といった表現なんか基本的過ぎますが応用が無限に可能ですよね。

また、長過ぎたり、難しい単語を使ったり表現が難しいものも実用的では
ありません。

簡潔で意味がすぐに通じる基本例文を覚えるのが近道です。

ただ、実際は、自分でパターンを書きまとめるより、参考書を利用して
学習するほうが効率的です。

「英会話のパターン」学習に超お勧めの本を紹介します。

パターンで話せる英会話1000(中経出版)

 

この本では、英会話に必要なパターン1000を学習できます。

それぞれのパターンに5つの例文がありますので、5000もの例文
なります。

ものすごい量に圧倒される方も多いとは思いますが、いくらパターン化
したとは言え、10や20のパターンで会話が成り立つはずありません。

ある程度話せるためには、1000パターンは妥当だと思います。

1000パターンと種類は多いですが、500本を超える映画、ドラマ
等からデータベース化した「生きた表現」が身につきます。

ただ、表現自体は、中学英語レベルで理解出来る表現ですので、負担は
それほどないはずです。

作者も、「中学英語の実用版」としてこの本を位置づけているようです。

「中学英語でここまで言えるんだ!」というのを実感できる骨太の一冊
です。