英文読書の背景知識として必須の「世界の歴史」を学ぶ 

「世界の歴史」を学ぶことは、英字新聞や英文雑誌を読んだりする際に、
背景知識として役立ちます。

特に国際政治、経済、宗教、国際紛争などを理解する際に世界史の知識は
大きな力になります。

理系の方や高校時代に世界史を選択していない方には、なじみのない人名
や王朝名などで苦労すると思いますが、通勤時間などにざっと基本書に目
を通すといいでしょう。

高校時代の世界史をやり直す書籍も本屋でたくさん売られています。

ここでは、お勧めの世界史関連の本を紹介します。

コンパクトに世界史通史を学びたい

まるかじり 世界史」(リベラル社)

サブタイトルにあるように「すぐにわかって思わずハマる!」がピッタリ
世界史の入門書です。

学校時代に「暗記」でうんざりした方も世界の歴史のダイナミックな流れ
をつかめるはずです。

古代の地中海世界の知識は、欧米の知識階級の方にとって必須の教養とも
なっています。

また、その世界の出来事が現在の世界の動きにどう影響しているのか知的
好奇心を満たす内容となっています。

351ページの分量ですので、厚すぎず、薄すぎず丁度いい内容だと思い
ます。(あまりに薄い本だと逆に世界の流れをつかめません。)

世界史をかじった人もそうでない人も楽しく読める良書です。

 

後藤武士氏の累計300万部の人気定番シーリーズ 

読むだけですっきりわかる世界史 古代編」(宝島社)

読むだけですっきりわかる世界史 中世編」(宝島社)

読むだけですっきりわかる世界史 近代編」(宝島社)

読むだけですっきりわかる世界史 現代編」(宝島社)

かなり売れているシリーズですので、本屋で平積みなっているのを見たこと
ある方も多いと思います。

1冊500円代でリーズナブルですが、4冊分の分量はかなりありますので
世界史を履修されなかった方は、あっちこっちの歴史事件で頭がごっちゃに
なる可能性があります。

明解世界史図説 エスカリエなどを手元に置いて、巻末の世界史年表で
今どの時代を学んでいるのか、縦だけでなく横の繋がりを意識すると知識が
定着すると思います。

しかし、分かりやす説明やちょっとしたエピソードのため、読んでいる時間
を忘れるほど楽しめます。

ご存知!池上彰氏の「そうだったのか!」シリーズ

そうだったのか!現代史」(集英社文庫)

そうだったのか!現代史パート2」(集英社文庫)

そうだったのか!日本現代史」(集英社文庫)

そうだったのか!アメリカ」(集英社文庫)

そうだったのか!中国」(集英社文庫) 

分かりやすい解説と独特の切り口でテレビでもおなじみの池上彰さんによる
歴史シリーズになります。

後藤武士氏の歴史シリーズと異なり、現代史が中心ですが、単なる通史では
なく大きな歴史的な事件から当時の様子を紹介する独特の内容で印象に残り
やすいので併せて読んで欲しいシリーズです。

日本実業出版社の「早わかり」シリーズ

早わかり 世界史」(日本実業出版)

早わかり アメリカ」(日本実業出版)

「早わかり 世界史」は、コンパクトに世界史の通史を理解できる良書で、
そういった意味で、前述の「まるかじる 世界史」とコンセプトは似てい
ます。

世界の流れをざっと掴みたいのであれば、どちらか一方を読めば十分です。
私のような歴史好きならば、両方よんでもそれぞれの違いを楽しめるはず
です。

ただ、今回このシリーズを紹介したのは、「早わかり アメリカ」を英語
学習者の方に是非よんで頂きたいからです。

アメリカとは、英語学習者にとって、イギリスと同様、いやそれ以上に重要
な国なはずです。

そのアメリカの歴史と文化をいろいろな角度から紹介したものです。

アメリカと一口に言っても、その広大な国土であるために地域ごとの気質が
大きく異なります。

建国230年の歴史しか持っていないアメリカが世界の超大国になれた理由
を垣間見れるはずです。

【参考】
アメリカの歴史を英語で学びたい方は、こちらがお勧めです。

受験参考書

詳細 世界史論述問題集」(山川出版社)

歴史の参考書と言えば定評ある山川出版社の問題集です。

受験生でもあるまいし今さら問題集?と思われるのではないでしょうか?

もちろん、問題を解く必要はないのですが、論述問題の簡潔な解答と解説
から歴史の流れを明確に理解するのに役立ちます。

「まるかじり 世界史」を読んだあとにこの問題集を通読すると世界史の
大きな流れが頭にまとまるはずです。