英語を学ぶ目的をはっきりさせる

英語を学習するに際して、最も重要なのことの一つが、

「英語を学ぶ目的をはっきりさせる」

ということです。

一番よくないのが、次のような漠然とした目標をたてることです。

・英語力がネイティブ並みになりたい

・英語を特技にしたい

・とにかく英語ができるようになりたい

・世界に通用する英語を身に付ける

たぶん、これらの様な目標で勉強している方が多いと思います。しかし、曖昧な
目標だと学習法を確立するのが難しくなります。

もちろん、英語力をつけるには、「読む」「聞く」「話す」「書く」の4つ技能
をバランスよく身に付けることが大切です。

しかし、そのバランスも英語を身に付ける目的により、かなり異なってきます。

・海外旅行のために英会話を身に付けたい
☞場面に応じた定型の会話文を身に付ける必要があるので「話す」学習が中心に
なります。「読む」「書く」はそれほど力を入れる必要はありません。

・海外のなど書籍などから、いち早くビジネスに役立つ情報を仕入れたい
☞同じ文章を音読するよりも、多読や多くの単語を覚える必要があります。

・外国人の友人・恋人が欲しい
☞音読も役立つと思いますが、実際に多くの外国人と接するのが一番の近道です。

・仕事や就職のため、TOIECのスコアアップの必要がある
☞英検にも言えますが、過去の問題を解いて、傾向を掴む必要があります。

・英語の先生になりたい
☞従来の受験勉強を進めていくだけでも、十分に可能です。ただし、教育の現場
でもオーラル・コミュニケーションの必要性が叫ばれていますので、自分でも、
「話す」「聞く」の学習をする必要が出てくるはずです。

このように、英語を身に付けると一口に言っても、人により目的はそれぞれです。

漠然と英語が出来るようになりたいと、問題集や参考書を買ってきて無目的に読ん
でも時間の無駄になりかねません。

とは言え、英米人のようにペラペラ話せて、英語を字幕なし見ることができて、
洋書をかっこ良く読みたいなど実現が困難な目標ですと、すぐ挫折しやすいですの
で注意が必要です。