英作文の学習法①「英作文は英借文」

英語の学習に真剣に取り組まれている方なら、
「英作文は英借文」という格言を聞いたことがあると思います。

このことばの意味は、英文を作り出すのに自分のアタマで英文を捻り出す
のではなく、他人の英文を借りてきて自分の言いたい文を作り出すこと
大切さを説いたものです。

英作文の力を向上させる学習法として、初心者のうちは500文前後の
構文集を丸暗記するというのが短期的に実力がつきお勧めです。

私の学生時代は、伊藤和夫氏著の名著「基本英文700選」が有名で私も
丸暗記に挑戦しました。

この本は、一橋大学卒で元長野県知事の田中康夫氏もその著書で絶賛して
いた記憶があります。

※現在は、新・基本英文700選としてリニューアルされています。

残念ながら700文を丸暗記とはいきませんでしたが、500以上暗記
してかなり作文力がついたのを実感しました。

特に時間が限られた受験生にはこういった地味な学習法は、批判される
ことが多かったですが批判している多くの人は挫折組だと思います。

私自身も半挫折組ではありましたが、基本構文を丸暗記する威力を感じ
られました。

多くの学習者にとって丸暗記は避けたい作業だとは思いますが、英作文
の力をつけたいなら不可避の作業だと思います。

非常に地道な作業で一見すると遠回りですが、丸暗記こそが英語の総合力
をアップするのに時間短縮する方法だと私は信じています。

ですから、英会話で日常会話程度をいつまでたっても身につけられない方
は、60日間記憶英会話のような教材で最低3ヶ月は、ゴリゴリと暗記
する作業をした方がいいでしょう。

ここを避けていると、いつまでたっても「始めては挫折する」の繰り返し
で終わってしまいます。

アルクの1000時間ヒアリングマラソンに挑戦される方も多いですが、
日常会話もままならない段階だと挫折する学習者が多いはずです。

もちろん、ヒアリングマラソンは多くの英語上級者に愛されてきた優良教材
であることは間違いありませんが、段階を追って学習することが必要です。

「いきなり500文は厳しい」と言う方には、次の構文集をお勧めします。

英語構文基本300選」(駿台文庫)

・「ドラゴンイングリッシュ[基本英文100]」(講談社)

・「鬼塚のミラクル英文108