英作文の学習法 | 文法力をつける

英作文をする上で、「文を構成する上で必要なルール」である英文法の知識
は必須になります。

スピーキングでは、表情や身振りなどで文章としての不完全さを補うことは
可能ですが、ライティングに関しては、文法的な正しさが必要とされます。

本格的に英作文の学習法を進めると、穴埋めなどの試験対策で勉強していた
「英文法」と英文を作り上げるルールとしての「英文法」とはかなり異なる
と感じられるはずです。

英作文をする際、骨格となるのが次の3点になると思います。

①主語を決める

②動詞を決める

③時制を決める

一見、簡単なことに思えますが、意外と難しい論点を含んでいます。

========
①主語を決める
========

・冠詞
・可算/不可算名詞
・名詞の単数・複数
・総称人称

=========
②動詞を決める
=========

・文型
・態(能動態と受動態)
・主語と動詞の一致

==========
③時制を決める
==========

・必ずしも現在を表さない「現在時制」
・「will」と「be going to」の違い
・時制の一致

大学受験の長文読解や文法問題では、あまり意識されない点なんですが、
英作文に取りかかる時に、最初につまずき易いのが上記3点だと思います。

英作文に真剣に取り組みたい方の最初の一冊には、
「例解 和文英訳教本 文法矯正編」(小倉弘著)
がお勧めです。