中学レベルの英語を使いこなす

英語を話そうと思った時、まず大切なのは、中学レベルの英語を使いこなすこと
です。

「受験英語」の延長に会話力があるのではなく、「中学レベルの英語」をさらに
ブラッシュアップすることで話せるようになってきます。

ですから、高校卒業程度の英語力がある方なら、新たに英単語を覚えたり、高度
な英文法の知識を身に付ける必要は、会話の上ではあまりないと思います。
(正確に言うと、受験英語に出てこない「生活単語」を覚える必要があります。)

中学英語なら難しくて嫌になるということもないですし、圧倒的な量をこなせるの
も大きな魅力です。

中学英語なんて、学習し直す必要はないと思われる方は、以下の日本文を英語に
訳してみて下さい。

1.節約すれば、お金は溜まる。

2.ちゃんと食べている?

3.私から電話があったことを彼女に伝えていただけますか?

4.全員揃ったようですね。

5.いつ頃出来上がりますか?

6.そんな気分ではない。

7.車で行くほどの距離ではないけれど、つい乗ってしまう。

 

解答例は以下の通りです。

1.You can save your money by spending less.

2.Do you eat enough?

3. Would you tell her that I called?

4.Everybody seems to be here.

5.When will it be ready?

6.I don’t feel like it.

7.It’s not really far enough to have to drive there, but I always end up
driving.

もちろん、じっくり考えれば思いつく英文も多いと思いますが、咄嗟に出てくる
英文は意外と少ないのではないでしょうか?

ただ、日本文を読んで頂ければ分かると思いますが、この程度の文章を考えなが
ら作っているようだと、とてもコミュニケーションは成り立ちません。

ですので、最初は、中学レベルの簡単な例文集を集中して学習すると口が慣れて
きてスムーズに話せるようになります。

このレベルでのおすすめは、『瞬間英作文トレーニング』(ベレ出版)です。
言いたいことを、瞬間的に口に出すトレーニングに最適です。

このレベルの文章は、「頭で作る」のではなく、「反射的に口に出る」レベルに
しなくてはなりません。

==========================================

中学レベルの英語で英会話の習得を目指す
・「ADVANCED BEGINNER