精読と多読のバランス

リーディングの学習をするとき、「精読と多読どちらが大切ですか?」
という質問をよく受けます。

多読とは、細かい流れを気にせず、大量の文章を読むリーディングが学習の
ことです。通常は、多読は、自分のリーティングのレベルより数段落とした
ものを素材に使います。

精読とは、文法力を駆使して分析的に正しく読むリーディングの学習法です。
多くの方が、大学受験で英語を学んだ学習法です。

ある程度知的水準の高い文章ですと、どれが主語で述語動詞はどれか瞬時に
見抜くには一定の訓練が必要です。洋書や英字新聞を読みこなしたい人には、
精読は避けては通れません。

一般的には、英語の初級者には、精読を中心に学習し、ある一定の英語力が
つけば、多読を取り入れると考える人が多いようです。

しかし、その考え方は、受験英語を前提とした考え方で、社会人にとっては
各個人の求める英語力は異なるはずです。

日常会話ができればいいと考える人には、構造の複雑な文章を分析する力は
そこまで必要ではなく、その時間を生活単語の習得に向けた方が有効と思わ
れます。

ですから、自分のゴールがどこなのかを考え、精読と多読どちらか一方では
なく、バランスよく取り入れた学習法をするのがお勧めです。

ここでは、皆さんが、英字新聞や洋書を読みこなせるようになりたいと思っ
ていることを前提に精読と多読のメリット・デメリットをまとめ、私が最適
と考える学習法を述べたいと思います。

精読のメリット
・文章の正しく読む技術を習得できる
・構造の難しい文章にも自信を持って対処できる
・文法の知識が豊富になる

精読のデメリット
・読書量が少なくなりがち
・文章を「生きた言葉」というより「パズル的」に捉えてしまう
・語彙力が伸びない

多読のメリット
・読書量が増える
・平易な文章なら素早く意味を取れるようになる
・語彙力がつく

多読のデメリット
・文章の構造を分析的に捉える訓練がしにくい
・何を読めばいいか迷う

上記から判断すると、精読と多読では、得られるものが異なります。

大雑把に言えば、次の通りです。

精読・・・英文の分析力

多読・・・英語のセンス

英字新聞や洋書を読むためには、当然、英文を分析する力が必要です。

また、分量も多くなりますので、時には、簡単に文の意味をとるセンスも
必要になります。

多くの大学生の方が、勘違いしがちなのは、大学受験で鍛えた読解力があれ
ば、ちょっとの努力で英字新聞を読めると思っていることです。

実際に、そう言って英字新聞を勧める書籍も多いです。

しかし、大学受験と英字新聞では、使われている語彙がかなり違います。
単・熟語力も大学受験時よりかなり増強しないと、読みこむのは難しいでしょう。

次のレベルに分けてのリーディング力を養成する学習法を考えてみます。

中学レベルの英語に自信がない方

高校卒業程度の英語力に自信がない方

受験勉強で英語を頑張った方