「スクリーンプレイ」シリーズで英会話の力を向上させる

英語学習に熱心な方なら、一度は手にしたことがあるはずの
「スクリーンプレイ」(SCREENPLAY)シリーズの紹介をします。

   

この本を真剣に読まれるのは、映画好きな方かもしれませんが、
映画好きでなくても英語学習に最適の1冊です。

今さら「スクリーンプレイ」シリーズ?と思われるかもしれませんが、
使い方によっては英会話能力の向上に大きな力を発揮するのです。

 

そもそも「スクリーンプレイ」シリーズとは?

「スクリーンプレイ」シリーズとは、映画のセリフを完全に英語と日本語
で文字化した映画セリフ集です。

取り扱われている映画の種類も豊富で、
懐かしの名画から映画館で最近見た話題作まで
お気に入りの作品が必ずみつかるはずです。

詳しくは公式ページをご確認下さい。
スクリーンプレイの公式ページはこちら

通常は、映画の中身に入る前に冒頭カラーで
10ページ程度にわたり、次のような内容が書かれています。

・その映画にまつわる基礎知識

・その映画にまつわる関連知識

・その映画で使われる英語の特徴

・登場する俳優のプロフィール

・リスニング難易度表

これらを読むことで、映画の内容がすんなり入ってきます。

肝心の内容(CONTENTS)は、映画中のセリフの英語とその訳だけ
ではなく、ト書(シーンの説明)が分かります。

そして、重要な語句やセリフの解説が充実していますので、
重要フレーズや単語・熟語はもちろん文法や構文の力が
無理なく付くよう工夫がされています。

「スクリーンプレイ」オススメの学習法

「スクリーンプレイ」は、気に入った映画のスクリプトを文字で確認する
ために購入される方が多いと思います。

しかし、私はいろいろな作品を読み漁りました。

映画の英語ですので、セリフが自然な会話から構成されており
その状況に応じて、どのような「フレーズ」が使われるか
を学ぶことができます。

様々な生きたフレーズに触れることにより、英会話に「使える表現」を
どんどんストックしていくことができます。

市販のフレーズ集で学ぶよりも、実践的で印象に残りやすいのが最大の
メリットだと思います。

また、TOEICを受験される方は、法廷・金融ものを読破することで、
ビジネスに必要な法律用語や経済用語に強くなれるはずです。

また「プラダを着た悪魔」などのファッションものを読破することで
ファッション用語に強くなります。

自分の必要な分野の語彙力アップにも向いています。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

Dr.アジ先生の英会話は ADVANCED BEGINNER