人気の発音教材「ネイティブスピーク」の効果と評判

人気の発音教材「ネイティブスピーク」のレビューを致します。

「1日わずか20分で、60日後にはネイティブの発音が
できるようになる。」

一般に英語の学習では後回しにされがちな「発音」の学習ですが、
最近はどの英語学習本を読んでも発音の重要性を強調されている
言っても過言ではありません。

そのため、英語の発音に真剣に取り組む学習者が近年増えていると
思います。

しかし、受験生時代に発音に取り組んだ経験がなく、
「何から手をつけたらいいのか分からない。」
という方が多いのが現状です。

そんな発音に悩む学習者に注目されるネイティブスピークはどんな
教材なのか?

人気教材の実態に迫ります。

発音の重要性
一般に発音の学習は後回しにされがちですが、正しい発音をしっかり学習するとスピーキングだけでなくリスニングにも大きな影響を与えます。急がば回れですね。

 ☞ ネイティブスピークの公式ページ

「ネイティブスピーク」 とはどんな教材?

「ネイティブスピーク」は、世界最先端のCG映像を駆使した発音習得の
ための教材です。

ネイティブが発音するときの口の中の動きが一目瞭然ですので、日本人が
挫折しやすい発音の学習に画期的な教材です。

書籍でも発音を扱ったものが多いですが、文字での説明が分かりにくく
イライラされた経験を持つ方も多いと思います。

CGを使っているので、視覚的に非常に分かりやすいのが最大の特徴で、
カタカナ英語から卒業するのに最適な教材なのです。

・書籍や付属のDVDだけでは、習得に限界がある。

・とは言え、スクールに授業料を何十万円も費やすのは。。。。

そんな不満を感じていた方は、ぜひ続きをお読み下さい。

 

「ネイティブスピーク」 の特徴は?

ネイティブスピークの大きな特徴は、次の2点です。

①英語発音の世界的権威スコットペリー氏の監修

日本人の英語にも精通した英語発音の世界的権威スコットペリー氏による
監修のもと制作されています。

スコットペリー氏は、25年間にわたり2000人以上の日本人の発音の
矯正を指導してきて、日本人に短期間の間でネイティブに通用する英語力
を身につけさせることに定評があります。

最近では、キアヌ・リーブス主演のハリウッド映画「47Ronin」に主演
することになった日本人の有名女優の指導などの実績があります。

スコット・ペリー氏が開発した「Scott Perry Tongue Position」をCG映像化
したというのが「ネイティブスピーク」の一番の特徴と言えるでしょう。

※「Scott Perry Tongue Position」とは、英語の発音が苦手な日本人のために
作られた舌などの位置を明確に指定した図表です。

②プロのボイストレナー・ケイトリン先生による発音指導

ニューヨークで本格的なボイストレーニングのレッスンを受けた後、プロ
のボイストレーナーとして活躍するケイトリン先生が講師として発音指導
を担当されています。

ケイリントン先生の発声は素晴らしく、何度聞いても飽きることがありま
せんでした。

発音のトレーニングをするにあたって、ナレーターの役割は大きいものが
あります。

 

「ネイティブスピーク」 の評判が高い理由

「ネイティブスピーク」は、厳選した英語教材を誌上体験して評価をした
「本当に上達する 最速英会話メソッド」(ダイアプレス社)という雑誌の
中でも英語力アップ期待度が☆4つ(最高☆5つ)と高い評価でした。

「ネイティブスピーク」が評判の高い理由は、次の2点があると思います。

①ネイティブのような美しい発音を身につけることができる

ネイティブのような発音が身に付くことで、会話に自信がつきますので
ネイティブとの会話にも積極的になれるでしょう。

「ネイティブスピーク」では、

①全てのアルファベットの正しい発音
②英語の母音・子音の正しい発音

を学ぶことができます。

ですから、1日20分の正しい訓練をすることで、大幅に発音が上達する
ことができるはずです。

そもそも英語の発音を真剣にした経験がある方は少ないはずですので、
大抵の方は、伸びしろが大きいので、みるみる効果が実感できるはずです。
(私も初めて発音の訓練をした時は進歩が感じられて楽しかったです。)

しかし、私が「ネイティブスピーク」に効果を期待した別の大きな要素は、
次の点です。

②リスニング力が向上する

意外に思われる方も多いかもしれませんが、正しい発音を身につけることで
リスニングの能力が向上します。

実際に、購入された方が「リスニング能力が向上した」という成果を挙げら
れるケースが多いのです。

リスニングを苦手にされる方なら、漠然とリスニング素材のCDを聞いても、
なかなか聴き取れるようにならないという経験があるはずです。

その原因の1つに正しい音を知らないというのがあげられます。

例えば、英語の「S」の音を日本語のサ行(サシスセソ)で置き換えている
うちは、正しい聴き取りは不可能なのです。
※詳しい内容は、弊サイトの記事正しい発音の重要性をご参照下さい。

scienceのSは「イエンス」でもなければ、
screamのSは「クリーム」ではありません。

正しい発音を知ることなしに、正確なリスニングはできません。

例えるならば、正しい発音を知らない耳は、「ザル」のようなものです。

そのザルである耳に大量の英語を聞かせても、ザルに大量の水を注ぐよう
なもので時間の無駄になることが多いのです。

ですから、後回しにしがちな発音の学習ですが、30日間だけでも真剣に
取り組めば、後々の伸びが違ってきます。

急がば回れです。

自分がそのことを実感したのは、英語の学習に真剣に取り組み始めた頃
の経験があります。

リスニングの学習素材のCDでアメリカの元大統領クリントン(Clinton)
という単語が聴き取れなかったのです。

日本語読みするとクリントンなんですが、英語でふつうに発音されると
「クリンン」となります。「t」の音が飲み込まれるのです。

「こんな簡単な単語も聴き取れないないのか!」

この時の経験がかなりショックで、発音の重要性を実感して、正しい音
やリエゾンなどの英語のルールに真剣に1ヶ月ほど取り組みました。

その間の1ヶ月の間は、リスニング対策のCDを聞く時間や、読書の時間
が大幅に減りましたが、発音の学習に真剣に取り組んだことで、その後の
リスニングの伸びがかなり違ったと実感しました。

ですから、リスニングの上達を目指している方こそ、発音学習をしっかり
することをお勧めます。

 

「ネイティブスピーク」 のまとめ

「ネイティブスピーク」は英語の発音に特化した教材ですが、正しい発音
を知ることで、「スピーキング」だけではなく「リスニング」にも効果が
出てくるはずです。

・ネイティブのような発音を身につけたい

・リスニングに伸び悩んでいる

そんな学習者にお勧めの教材です。