YouCanSpeak (YCS) の効果と評判は?| 人気のスピーキング教材

効果が期待できる会話教材として評判YouCanSpeak (YCS、
ユーキャンスピーク) をレビューします。

「英語がスラスラ話せるようになりたい!」

英語に興味がある方なら誰でもそう思うはずです。

ネイティブ並になるのは、それこそ気の遠くなるほどの努力が必要に
なるでしょう。

しかし、日常英会話程度を身につけるのは、しっかりとした学習法を
とれば、それほど難しいことではありません。

そこで、わりと短期間で、日常英会話、そしてそれ以上を目指せる
究極のスピーキング教材として「You Can Speak」を紹介します。

 

「You Can Speak」 とはどんな学習プログラム?

「You Can Speak」は、多くの英語上級者から絶賛されている英語の
スピーキングに特化した学習プログラムになります。

ウェブ上で、日本人が苦手にしがちな英語で言いたいことをスラスラ
言えるようにするためのトレーニングがいつでも可能になります。

制限時間内に、英語をどんどん口に出してしゃべる英会話の実用的な
トレーニングですので、地道に学習できる方には高い効果が期待でき
ます。

「英文を読むのはある程度自信があるのに、話すとなると簡単な文も
口から出てこない」という方には、オススメの教材です。

日本人の多くは、話す訓練をきちんとしたことがないので、You Can
Speakを利用するとによって、今まで身につけた英文法の知識を生か
しながら、英会話の骨太の土台を築くことができます。

私の知り合いで英語が話せる大学生の何人かは、YCSでスピーキング
能力を短期間で大幅に向上できたと言っていました。

平均的な日本人学習者にとって、今までのスピーキングの訓練が不足
していた分、しっかりとした訓練により目を見張るほどの効果が期待
できます。

 

そもそもなぜ英語が話せない?

英語で思ったことを流暢に話すためには、「頭の中で英文を作り出す」
時間のゆとりはありません。

たとえば、5ワードくらいの文ならば、1秒以内に口から出なければ、
会話として成り立ちません。

会話で重視すべきは、正確性よりもクイックレスポンスです。

しかし、日本の英語学習では、クイックレスポンスは重視されてなく、
少し複雑な英文を時間をかけても読み解く能力が要求されています。

難易度の高い並べ替え問題や穴埋め問題など、あたかもパズルを解く
うな悠長な感覚で英語を使っているのです。

ですから、そのような試験で点を取るための学習を続けていると、

・英語を話す際、2、3語ですぐ立ち止まってしまう

・言いたいことが、うまく英語にできない

・1文を作るのさえ、「えっと」とか「う〜ん」と時間がかかる

という感じでスムーズに英会話することが出来ない方が多いのではな
いでしょうか?

頭で英文を作り出している限り、どんなに英語の知識を詰め込んでも、
英語を話せるようにはなりませんし、上記の状態から脱することはで
きないと思います。

有名大学出身者が陥りやすい「お勉強地獄」にハマってしまいます。

「お勉強地獄」とは、長時間勉強して、点を取る知識はたくさん身に
ついているのに、話したりする実用的な力が一切つかない状態の例え
です。

この地獄から抜け出さない限りは、いつまでたっても英語を話すこと
は難しいでしょう。

 

英語を話せるようになるための近道

それよりも、英会話の力をつけるには、基本的な英文がスラスラ出る
ように口慣らしをするのが一番の近道です。

「こんなに勉強しているのに、全く英語を話せるようにならない!」
と嘆く方のほとんどが、1日30分も音読する習慣がないのが現状な
のではないでしょうか?

それでは、大学受験の問題集は解けても、英会話が出来るようになる
道理はありません。

多くの日本人が英語を話すのが苦手なのは、そもそも話す訓練に時間
さいていないことにあると思います。

よく一般的に言われる日本人が英語を話せない理由は、

「恥ずかしがり屋だから話せない」

「文法的に完璧を求めるから話せない。」

なんていうことが、まことしやか言われます。しかし、実際は、口が
覚え
ていないから話せないのです。

日本人が英語を話せない理由は何のことはありません。

単に「知らない」から話せない。

ただ、それだけです。ここで、「知る」とは一秒以内に口に出ること
だと私は考えています。

英語を話せるようになるためには、実際に口に出して「話すための」
訓練
を地道に行うのが一番の近道です。

それこそ、瞬間的に英文が口から出るまで、基本的な文章で構わない
ので何度も繰り返します。

基本的な例文だと、バカバカしいとなめて真剣に取り組まない方が多
いのですが、基本例文こそが応用が効くパワフルな例文なのです。

 

「You Can Speak」の特長

瞬間的に英語を話すための効果的な訓練の教材として有名なのが、
話すための英文法シリーズ瞬間英作文シリーズです。

この2つのシリーズは、当サイトでも「話すために有効な学習法」
して何度か紹介させて頂きました。

しかし、良書ではありますが、無味乾燥な文章を何度も音読するとい
う作業の単調さに飽き、挫折する学習者が後を絶ちません。

その点、「You Can Speak」は、学習者が楽しく学習を続けられるよ
うに、ゲーム感覚で学習をできるような仕組みになっています。

7秒、5秒、3秒、1秒といった時間制限があり、スコアが記録され
ますので、スコアアップを目指すことがモチベーションアップにつな
がります。

そして何よりクイックレスポンスを強く動機付けることで、高い学習
効果を引き出します。

一見子供だまし的に思うかもしれませんが、こういった自分の進歩を
実感でき
る仕組みがあるというのは、学習を継続していくうえで大切
な要素となります。

正答率が「数字」で現れますので、自分の学習の進歩を感覚ではなく
て、客観的に知ることができます。

意外と「人の感覚」はあてになりません。正答率60%より80%が
良いのは当たり前です。何事も成果は数値で計る習慣をつけると正し
い判断ができるようになると思います。

逆に言えば、そういったゲーム感覚がもてないのが「書籍」の大きな
欠陥
と言えるでしょう。

そこら辺は、私が文章で伝えるより、実際に試していただくのが一番
伝わると思います。

興味のある方は、「You Can Speak無料お試し」で実際に試してみると
いいでしょう。

地味な作業になりますが、その代わり効果は絶大です。

実際に「You Can Speak」に申し込みをすると、こういった学習を1日
に30〜60分程度することになります。

30分というと少なく感じるかもしれませんが、最初は相当疲れるはず
です。

音読の経験があまりない方だと想像できないかもしれませんが、30分
話すのでもかなり口に負担がかかります。
(リーディングやリスニングの30分とは体感時間がかなり違うはずです。)

その分、今まであまり、口に出してのトレーニング経験がない方は、
数日間でちょっとした効果を実感できるはずです。

 

「You Can Speak」の有効期間

「You Can Speak」は、ID取得後1年間は学習データが保存され、スピ
ーキング認定級(5級から1級SuperAまで全18段階)の取得が可能
です。

その後、さらに1年間は、「You Can Speak」の利用をすることはでき
ますが、学習データの保存や認定級の発給はできなくなります。

つまり、追加料金を支払うことなしに「You Can Speak」のシステムを
利用でき
るのは2年間になります。

「You Can Speak」作成会社のサイトでは、習得所要時間として、真剣
な人は104日と書かれています。

もちろん、104日より早いペースで進むことも可能ですし、標準的
な学習者
なら1年くらいが目安になると思います。

利用期間がありますので、仕事の都合などで今すぐ学習時間を取れな
いことが分かっている場合は、仕事が落ちついてから申込をするのも
1つの選択です。

ただ、1日の学習時間は、30分〜60分で済むはずですので、その
時間が捻出できないことはないかと思われます。

どちらにせよ、有効期間があることは知っておいて下さい。

お金を払う以上、教材をずっと手元に置いておきたい気持ちは分かり
ますので有効期間があることはデメリットと思われるかもしれません。

ただ、利用期間の制約があるのは、「締め切り意識」からプラスに働
く可能性もあります。

いつまでも利用できると思うと、購入したことに満足して、なかなか
手をつけられないタイプの人も多いからです。

 

「You Can Speak」 はこんな人にはおすすめできません

英語を話せるようになることを目的に英会話教室に通って、何十万、
何百万円も使っている人がたまにいますが、全くの無駄だと思ってい
ます。

(もちろん、英会話教室も利用の仕方次第では有効に使えます。)

「You Can Speak」を使えば、もっと安価かつ高い確率で、英会話が
出来るようになるからです。

なぜもっと一般的に注目されないのか不思議でたまりません。

とはいえ、どんな教材でも全ての人に成果が出るわけではありません。

英会話教室に比べて安価と言えども、59,800円かかります。

英語が話せるようなるのであれば、最高のコストパフォーマンスだと
私的には思いますが、成果が出せないのなら全くの無駄になります。

私が絶対の自信を持って勧められる教材ですが、以下の方は、金銭的
なリスクを避けるため購入の時期を待った方がいいと思います。

1.中学レベルの英文法の知識が全く欠けている

中学レベルの英文法の知識が全く欠けていると、丸暗記に頼らざるを
得ません。これだと非常に非効率的です。

例えば、現在完了の一部が自信ない程度なら、大丈夫だと思いますが、

助動詞って何?

現在進行形って?

というレベルだと基礎力の充実を図ってから、取り組む方が近道だと
思います。

中学レベルの英文法の知識がなく、「You Can Speak」に取り組める
というのは、ある意味、語学のセンスが非常に高いと言えます。

通常は挫折すると思います。

中学レベルの英語に不安がある方は、こちらを参考に取り組むといい
でしょう。

 

2.英語に対する優先順位が極端に低い

私はこんなサイトを作っているくらいですから、当然、英語に対する
優先順位は高いです。

しかし、人それぞれ価値観が違うので、物事に対する優先順位は異な
ります。

「あわよくば、英語ができればいいなあ」

程度の気持ちですと、他の楽しみに時間を奪われ、1日30分の時間
も作れなくなる可能性が高いです。

最低でも、英語の優先順位が3番目くらいにないと、継続して学習は
難しくなると思います。

そういった方は、英語の優先順位が高くなるのを待つか、この教材に
使うお金を他の楽しみに使った方がいいと思います。

また、「You Can Speak」で学習するよりも継続する難易度は上がり
ますが、「話すための英文法シリーズ」「瞬間英作文シリーズ」など
の書籍で音読をするのも金銭的リスクがほぼ皆無なのでよいでしょう。

もちろん、「You Can Speak」は楽しめる教材ですので、やっている
うちに成果を実感できると、とたんに英語の優先順位があがることも
考えられます。

しかし、大抵は優先順位が低い人は、全く利用せずに終わるものです。

いろいろプラス・マイナスを検討してみるといいでしょう。

 

「You Can Speak」 はこんな人におすすめです

もちろん、「You Can Speak」は、英語を話すようになりたいほぼ全て
の人におすすめなのですが、以下に当てはまる学習者に最適です。

  • 英語を話そうとしても考える時間が長い
  • 「瞬間英作文シリーズ」で挫折したことがある
  • 「話すための英文法シリーズ」で挫折したことがある
  • 英語を話すためなら1日30分の学習を半年間頑張ることができる
  • 英会話学校で成果が出せなかった
  • タダは無理でも安価(割安)な学習方法をとりたい
  • 英検1級(準1級)の面接対策に不安がある

 

「You Can Speak」の総評 

「早く英会話初心者を脱して、外国人と話す楽しみを味わいたい」
「ペーパー上の知識だけでなく、偏りのない英語力をつけたい」

そんな英語学習者におすすめなのが「You Can Speak」です。

本屋に行けば、目新しいノウハウの英語学習法が所狭しと並んでます。

また、ネットでは「英語を聞き流すだけで」「1日たった5分間」
といった甘い言葉で英語学習者を惑わす情報に溢れています。

「You Can Speak」は、サイトも比較的地味で、甘い言葉で学習者を
を煽る教材と比べるとぱっと見は見劣りするかもしれません。

しかし、英会話上達の土台をしっかり作る骨太の教材だと言えます。

土台がしっかりしていない状態で、どんなに英会話のテクニックだけ
を弄するのは、脆い砂上に家を建てるようなものです。

何の力も身につかない断片的な知識やテクニックだけの裏技ノウハウ
ではなく、「コツコツと本当のスピーキング力をつけたい」そんな人
に「You Can Speak」はお勧めです。