「ネイティブスピーカーの英語」を捨てる

「ネイティブのように英語を話せるようになりたい。」

誰でも一度はそんな憧れを持ったことと思います。しかし、一定の年齢を超えた
大人にとって完璧な英語を流暢に話すことは非常に難しいと思います。

少なくとも、国内にいて1日2,3時間の勉強を捻出するのも大変なビジネスマン
にとって非常に困難なはずです。

英語をコミュニケーションのツールと割り切り、「通じればいい」と割り切るこ
とも必要です。

実は、英語話者のうち95%は非ネイティブと言われていて、むしろ私たち英語
を母国語としない英語の方が主流となっています。つまり、中国・韓国・アラブ
諸国といった非英語圏の人々との交渉のため英語を使う可能性の方が高いのです。

もちろん、完全を追い求めるのが悪いとは思いませんが、現実に折り合いをつけ、
楽な気持ちで英語に取り組む方が身に付きやすいのではと思われます。

「通じればいい」という英語を身につけるには、次の節の「中学レベルの英語を
使いこなす」を参考にして下さい。

また、発想的に「中学レベルの英語」と似たものに、「グロービッシュ」という
実用的な英語が話題になっています。

「グロービッシュ」とは、わずか1500語とその派生語を使うことによって、
必要十分なコミュニケーションを図る実用的な英語のことです。

興味のある方は、『脅威のグロービッシュ英語術』(高橋書店)をお勧めします。