オススメ記事

社会人のやり直し英語を真剣に考えて、スクールに通ったり、通信又はオンラインの講座を受講する学習者が増えているようです。

自己啓発の一環として一念発起するケースもあれば、海外転勤・昇進で必要に迫られるケースもあるようです。

どちらにせよ、中学レベルの基礎英語は、ゴールが話すことであるにせよ、書くことであるにせよ、絶対に避けては通れない土台となるところです。

中学レベルの英語は、簡単だからと甘く考えてはいけません。基礎レベルだからこそ応用範囲が広く、ここをしっかりと学習することで今後の伸びが大きく違ってきます。

そんな英語の基礎をスクールに通って克服したい真剣な社会人のために役立てればというのが今回の記事の趣旨です。もちろん、独学に比べるとスクールはそれなりの費用がかかりますが、将来のリターンを考えて確実性を重視して選択する意欲的な社会人が増えています。

また、のちほど紹介しますが、最近はオンライン講座が充実してきているので、通学に比べてかなりコストを抑えてクオリティーの高い授業を受けることも可能になってきています。

ただし、現時点ではあまり費用をかけられないという方は、次の記事を参考にしてください。おすすめの参考書などを紹介しています。

 

オススメのスクール

社会人が英語を本気でやり直すならスクールに通うのがいちばん効果が高いでしょう。

安くはない受講料を払うのですから、元を取ろうと本気で取り組むはずです。

中高年の方ですと、英会話スクールというと高額な授業料がかかるイメージが強いと思います。しかし、最近では英会話業界もリーズナブルな料金プランの学校が増えてきました。

シェーン英会話

【特徴】

全国208校、創業40年の信頼度抜群の老舗英会話スクール。 講師は、英語を母国語としたネイティブであり、 おもにCELTA、CertTESOLの英語指導の国際資格を有した人材を採用。講師の指導力に定評あり。

関東圏にて、186校の拠点を保有しており、他英会話スクールと比べて通学の選択肢が豊富です。

また、安心の月謝制も嬉しいです。社会人が安心して通えるスクールです。

【エリア】

関東中心

【料金】

公式サイト参照

【その他】

公式サイト入会されていない方でも参加できる公開レッスン実施中!【シェーン英会話】

 

NOVA

【特徴】

NOVAの講師は、全員教える言語を母国語とするネイティヴスピーカー。 レッスンも最大5人までの少人数制なので、本物の使える英語が身につく。 それなのに、入会金はかからず、月1万円から受講可能! クオリティ面・価格面も安心です。

シェーンが関東圏が中心なのに対して、NOVAは全国のスクールで受講ができます。

NOVAうさぎでおなじみの英会話スクール、「駅前留学NOVA」は、入会金はかからず、月1万円から受講可能です。 クオリティ面・価格面も安心できます。

【エリア】

全国

【料金】

公式サイト参照

【その他】

公式サイト駅前留学のNOVA まずは体験レッスン!

 

【ちょっとひと息】
スクールに通う前に・・・
中学レベルの基礎を学ぶためにスクールに通おうとする学習者が最近増えています。
しかし、ABCレベルの基礎がまったく分からないのなら、最低限、中1レベルの英語の参考書をざっと目を通してから参加するのが途中で挫折する可能性が減るのでおすすめです。

例えば、

This is a desk.
(これは机です。)

Is this a desk?
(これは机ですか?)

このレベルの英文がまったく意味が分からないという状態であれば、次の1冊を終わらせてから受講する方が効果が高いはずです。

この1冊は、かなりコンパクトかつ分かりやすく中1レベルの英語を解説してくれているので、頑張れば10日で1冊仕上がることが可能です。

オススメのオンライン講座


スクール通いたいけど近くにいいスクールがなかったり、仕事が忙しすぎて通学がむつかしいという社会人にオススメな講座を紹介します。

一般的には、通学のスクールに比べて、オンラインでの講座は費用が抑えらるのもメリットです。

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」


▲クリックすると公式サイトに移ります

【特徴】

偏差値の30の落ちこぼれから一念発起しTOEIC990を達成した鈴木拓先生による、全52回のメール講座。中学レベルの文法事項もあやふやな初心者が、学んだ知識を使って、実際に英文を作れるようになることを目指した講座です。

「文法の説明+確認問題」と「確認問題の解答と解説」の回が交互になっているので、英語初心者のトレーニングに最適です。

【エリア】

メール講座のため全国

【料金】

19,800円(税込)

【その他】

レビュー記事をご覧ください。

鈴木拓氏の「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」の口コミや評判は?

スタディサプリENGLISH


▲クリックで1週間の体験を申し込みができます

【特徴】

月額980円でトップクラス講師によるビデオ講座が無制限で受講できると英語学習の価格破壊が起こっています。7段階のレベル(英検5級~準1級)に分かれているので、基礎から英語をやり直して、さらに上を目指したい学習者にオススメです。

リクルートが開発した次世代型e-learningですので、安心して利用できます。

【エリア】

オンライン講座のため

【料金】

月額980円

【その他】

level1(英検5級程度/TOEIC300点程度)を担当するTOMO先生の紹介動画です。

また、スタディサプリENGLISHの詳しいレビュー記事もご覧ください。

評判のスタディサプリENGLISHの効果は?実際に試した感想

オンライン英会話

【特徴】

月額5000円程度と相場のオンライン英会話は、授業料の安さが魅力です。会話をする量が絶望的に足りないと言われる日本人学習者にとって、オンライン英会話は、革命的なシステムです。大学生でも、バイト代から授業料をねん出できるほどの手軽さで人気です。

代表的なオンライン英会話はDMM英会話ですが、NativeCampのように人件費の比較的安いフィリピン人を主力として採用することによって回数無制限とやる気のある方には嬉しいサービスを提供する会社もあります。

【エリア】

メール講座のため全国

【料金】

運営会社による

月5000円~10000円が相場

【その他】

レビュー記事をご覧ください。

「オンライン英会話」を効果的に利用する

スクール(通学)とオンライン講座(通信講座)のどちらがいいのか?

スクール(通学)にするか?

オンライン講座(通信)にするか?

非常に迷うところです。

通学と通信のメリットとデメリットは、次のような感じです。

スクール(通学)のメリットとデメリット

スクール(通学)のメリットとデメリットは次の通りです。

【スクールのメリット】

・文法の知識が豊富になる・専門家の指導とアドバイスを得られる
・ペースメーカーとなる
・困ったときに相談できる

 

【スクールのデメリット】

・受講料が高額になりがち
・講師と相性が合わないと悲惨
・決まった時間に決まった場所に通うのが負担になる

 

社会人が英語を短期間で効率的にやり直したいなら、プロの指導のもとでしっかりと学習するのが理想です。しかし、費用面がネックなるケースが多いでしょう。

もちろん、最近は月謝制のスクールを中心にリーズナブルな学校が増えましたが、それでも毎月万単位の出費がだんだん負担に感じるようになり、お気に入りのスクールを途中退会してしまう学習者もいるでしょう。

 

オンライン講座(通信)のメリットとデメリット

オンライン講座(通信)のメリットとデメリットは次の通りです

【オンライン講座のメリット】

・受講料がスクールに比べて安い
・時間や場所に縛られないので自分のペースで学習できる
・仕事の繁忙期はペースを落としたりできる

 

【オンライン講座のデメリット】

・周りに切磋琢磨する仲間がいないので刺激が少ない
・気軽に質問しにくい
・困ったときに相談できる人がいない

 

スクール選びのポイント

スクール選びにはポイントがあります。

スクール選びのポイント
・月謝制か一括払いか

・マンツーマンか少人数か

・自分のレベルに合っているか?

・サポートはしっかりしているか?

これらを一つ一つみていきます。

月謝制か一括払いか

月謝制か一括払いかは大きいです。

やはり月謝制のスクールが安心と思う学習者が多い一方で、「いつでもやられる」という安易な気持ちではじめてしまう人も多いです。

マンツーマンか少人数か

「英会話」スクールを選ぶ学習者には重要なことです。

少人数とは言え、クラスに3人、4人と他の生徒がいれば、自分の発言の機会は少なくなります。

そのため、マンツーマンがもっと効果が高いと選択されるケースも多いですが、その分、授業料が高額になります。1対1ですので、人件費から考えて当然といえば当然です。

ただ、マンツーマンか少人数かは、費用面だけに関係するわけではありません。

マンツーマンのメリットとデメリット

【マンツーマンのメリット】
・1対1なので、少人数クラスに比べて、同じ時間での効果が高い
・周りの目を気にしなくていいので気が楽
・周りに足を引っ張る生徒がいるリスクがない。反対に自分が足を引っ張って申し訳なく思う心配がない

 

【マンツーマンのデメリット】
・受講料が高額になりがち
・講師と相性が合わないと悲惨(変更可能なら問題なし!)
・周りからの刺激を受けられない
・同じ目的を持つ仲間が見つけにくい(→ここ重要)

 

少人数制のメリットとデメリット

【少人数制のメリット】
・マンツーマンに比べて費用が割安
・同じ目標を持つ仲間が見つかりやすい
・他人の成長から刺激を受けられる

 

【マンツーマンのデメリット】
・自分が話す機会がマンツーマンに比べて大幅に減る
・積極性がないとほとんど話さないで終わる可能性がある
・同じクラスに足を引っ張る生徒がいる可能性がある
・周りの目が気になって話しにくい

 

自分のレベルに合っているか?

費用や講師のレベルといった学習環境も重要ですが、そもそも受講を検討しているスクールや講座が自分のレベルに合っているかが大切です。

どんなに素晴らしい授業でも自分のレベルに合っていないと、消化不良を起こしたり、物足りなさを感じたりします。

ですので、評判や口コミを気にすることも大切かもしれませんが、まずは自分に合っているのかを自分で確認することが大切です。

スクールでは、体験授業やカウンセリングあったりして、ミスマッチを防ぐことができます。

また、通信講座でも一部の講座を公開していたり、スタディサプリのようにお試しもできるものもあります。

パンフレットや口コミだけで、「これは自分に合っているはず!」と決めつけるのではなく、実際に体験をしてみるのが間違いないです。この手間を惜しんで大切なお金や時間を無駄にしないようにしましょう。

サポートはしっかりしているか?

特に通信講座は、直接、質問ができる機会がないので、サポートは重要です。

できれば、教材作成者に直接質問できるサポート環境があれば最高です。

単に質問に答えるではなく、出題意図などを踏まえて、適切なアドバイスをしてもらえるはずです。

まとめ

通学も通信も一長一短あります。

どちらが自分に合っているのかしっかりと見極めて受講すると間違いないです。

中には、NOVAのような格安の英会話スクールとオンライン英会話を合わせて、お互いのデメリットを補うという使い方をしている賢い学習者もいます。

結局のところ、自分の学習環境は、自分で見つけ出し最適化していくしかありません。

ぜひ、この記事を参考にしていただければ幸いです。

おすすめの記事