お勧めの「話すための英文法」本

「話すための英文法」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

「普通の英文法とどう違うの?」と思われるかもしれません。

「英文法」と言うと、細かい知識や多くの例外に嫌気がしている学習者が多い
と思います。

その反対に、しゃれた表現や細かい知識を身につけることに喜びを感じる人も
多いですよね。

しかし、近年、読み書き重視の学習への批判の高まりとともに、スピーキング
能力の向上のための学習法が注目されています。

そこで注目されているのが「話すための英文法」です。

「話すための英文法」の目指すところは、中学レベルの文法項目にターゲットを
絞り、英文を考え込むことなく、瞬時に楽々と作り出す能力の習得にあります。

テストで高得点を取るための知識を詰め込む「お勉強」ではなく、
話すための実践的な「トレーニング」に重点が置かれています。

この考え方が世間に浸透したのは、次の2人の著者の絶大な影響にあります。

・市橋敬三
話すための英文法(Step1〜7)
中学英語で言いたいことが24時間話せる(Part1・2)

市橋氏の著書は、ご自身の英会話学校を設立、指導の経験から基礎固めの重要性
学んだことから作成されたものです。

英文法の例文を暗記することにより、英語の構造、発想を身につけさせ、一生忘れ
ない“九九”のような強固な力をつけることが大切と説いています。

「話すための英文法」シリーズは、大きな書店では、かなりの冊数が取り扱われて
います。また、多くの英語の使い手の著名人が、絶賛していることでも有名です。

1冊当たり文法項目をかなりの分量学習しますので、真剣に学習するとかなり力が
つきます。森沢氏の書籍に比べると全体的に単語・熟語のレベルがかなり高くなっ
ているのが特徴です。

・森沢洋介
英語上達完全マップ
話すための瞬間英作文トレーニングシリーズ
音読パッケージトレーニングシリーズ

 森沢氏も数多くの著書があり、どの本も非常に人気が高いです。

「瞬間英作文」「英作文回路」といったネーミングの絶妙さからも、多くの雑誌や
書籍で紹介されています。

中学英語が、「わかる」から「できる」に移行できるよう、豊富なトレーニング
着実に実力を付けることができます。

また、トレーニングの負担を軽減するため、単語・表現等のレベルは基礎なものに
とどめられています。

 

市橋敬三氏と森沢洋介氏の書籍を中心に「話すための英文法」が身に付く本を紹介
してきました。どちらも定評の良書ですので、浮気することなくコツコツた学習を
すれば、確実に話す力がつくはずです。

ただ、両シリーズとも分量があるので、尻込みされる方も多いと思います。そんな
方には、少しコンパクトな毎日の英文法」(ジェームス・M・バーダマン著)
お勧めします。

「毎日の英文法」は、最近出版された本ですが、分量的に手頃ですので、挫折しに
くいと思います。

ただ、内容的にはしっかりしていますので、以前「話すための英文法」などに挫折
された方は、こちらで達成感を味わうのもいいと思います。

もちろん、「毎日の英文法」もしっかりやれば、それなりに時間もかかりますし、
高い効果が期待できます。

 

【まとめ】

日本人の平均的な英語学習者は、話す練習が圧倒的に足りていないはずです。

ですから、『話すための英文法』『話すための瞬間英作文トレーニング』シリーズ
は絶対のお勧めですし、実際に多くの英語関係者が絶賛している本です。

ただし、絶対的に役立つ本であることは間違いないはずなのですが、挫折しやすい
要素もあります。その点は、以下の関連記事をご覧下さい。

 

【関連記事】
『話すための英文法』『話すための瞬間英作文』の弱点

私が「話すための英文法シリーズ」をやり遂げられた理由

 

 

☞フレーズ暗記に定評のある教材です
【7+English】~60日完全記憶英会話~ 世界の「七田式」の最新英語教材。600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター