お勧めの「英語学習法」本

英語学習法の書籍から私のお気に入りを紹介します。

毎年、多くの書籍が出版されていますが、最近の主流として、

・英文の徹底的な音読の重要性
・発音などの音声面の重要性
・フレーズなど短文の暗記の重要性

これらの重要性を謳ったものとなっています。

20年程前は、「これさえ読めば、英語マスター」的なノリの書籍が主流で
そういった本でないと売れない潮流でした。

しかし、最近は英語学習が継続的な努力が必要で、簡単に身につくものでは
ないことを前提とした書物が増えてきました。

ただ、著者によって力の入れどころが異なってきますので、自分に合った本
を見つけるといいでしょう。

國弘流英語の話し方(國弘正雄)

村上式シンプル英語勉強法(村上憲郎)

留学しないで、英語の超☆達人!(有子山博美)

1日30分で、英語が話せる!「4つの習慣」勉強法(安河内哲也)

・『TOIEC 最強の学習法』(池田和弘)

英語モジュール学習法(竹村和浩)

・『達人の英語学習法』(竹内理)

・『「使える英語」へまっしぐら!』(住出勝則)

『キムタツ式灘校生が実践しているTOEICテスト900点を
 当たり前のように取るためのパワフルメソッド』(木村達哉)