オススメ記事

大学受験対策のおすすめ英単語集を紹介します。

大学受験の英語でも、語彙力の増強は優先順位の高い課題でしょう。

たしかに、高校英語も英文法や構文の学習が中心になりがちです。「いくら単語を覚えても構文の正しい理解がなければ、長文を正しく読めない」と単熟語の学習を軽視しがちの受験生も多いでしょう。

しかし、いくら正しく読む構文の力があろうが、長文の中に知らない単語がいくつもあれば、正しい内容理解は期待できません。

一定のレベルに達すると、語彙力の有無が英語力を大きく左右するようになります。そんな重要な単語暗記に欠かせない英単語集を紹介します。

単語集の選び方

単語集を選ぶときは、次の2つを意識してください。

①単語集のレベル

②例文のタイプ

①単語集のレベル

自分にあったレベルの単語集を選びましょう。

例えば、人気のシリーズ『速読英単語』ですが、入門編、必修編、上級編に分かれています。

受験生の時間は無限ではありません。自分の志望する大学がどの程度の英語力を求めるかで、単語集の選び方が違ってきます。

上智大学やSFCのような英語の難易度が極端に高い大学ですと、一般的な大学受験用の単語集では足りない可能性があります

②例文のタイプ

受験生が英単語集を選ぶ際にもっとも気にして欲しいのは、例文のタイプです。

戦後間もない受験参考書と違って、英単語集に例文があるのは当たり前です。うん十年前までは、見出し語と訳語だけという英単語集がふつうでしたが、今では例文のない英単語集はほとんど見かけません。

しかし、その例文のタイプによって単語集の個性が出てきます。

単語集の3つのタイプ
・簡単フレーズタイプ

・完全文章タイプ

・長文タイプ

この3つに分類して単語集を紹介します。

大学受験にオススメの単語集

①簡単フレーズタイプ

簡単フレーズタイプの単語集は、2~5語くらいのフレーズを例文に採用しているタイプです。

メリットとして、覚える負担が少ないことと、回転させやすいことがあります。

ただ、読解や英作文の対策としては、限定的な効果しか見込めないデメリットがあります。

システム英単語 改訂新版

『システム英単語』は、大学受験を効率的に乗り切るミニマルフレーズが特徴の単語集です。

システム英単語 改訂新版

難関大学を目指す受験生に人気の単語集です。

人気の秘訣は、試験に出る型にこだわった例文です。「ミニマルフレーズ」と称する3〜5単語で作られたフレーズで載っています。

例えば、

fell sympathy for the victim
(犠牲者に同情をする)

 

もちろん、「sympathy=同情」と意味を覚えることは大切ですが、「sympathy for」この結びつきが試験で問われます。

前置詞などが、どう試験に問われるかを考え抜いた英単語集ですので、単に長文を読むための単語を覚えるだけでなく、得点力を上げるための単語集と言えます。

長い長文で覚えた方が英語の総合力がつくかもしれませんが、時間が限られた受験生が効率よく単語集を回していくのに優れています。

難関大学を目指す受験生には簡単すぎるという声も聴きますが、例えば、東大のように基本を大事にする大学ではこの1冊でも十分だと思います。

もちろん、この単語集で不足する単語は多いですが、それは長文読解や過去問に取り組んでいる中で、自然と覚えられるはずです。

褒めちぎってきましたが、個人的には好きな単語集ではありません。

また、CDの評判のいいという珍しい単語集です。別売りなのが、少し残ですが・・・

「システム英単語」をおすすめしたい方は、次の通りです。

システム英単語をオススメしたい方
・まだ高校レベルの文法を未習の高1年生

・上智大やSFCのような特殊な英語でない難関大学を目指す受験生

・英作文は、無視または最低限の得点と割り切っている受験生

・英語を効率的に学びたい高校生

英単語ピーナッツほどおいしいものはない


「形容詞+名詞」や「動詞+名詞」などの2つの単語で構成された連語をその形から“ピーナッツ”として、使える表現を紹介した発信型の単語集です。

正確には大学受験対策用の参考書でないのですが、短期間で一気に単語を詰め込みたい受験生におすすめです。

もちろん、大学受験に出る出ないという単語集ではないので、英語が趣味な意欲的な受験生はぜひ挑戦して欲しいです。(時間をかけずに)

ただ、難関大学を合格した大学生にこの本を受験生の時に取り組んでいたという話を最近、わりとよく聞くので、直接役立ったのかは不明ですが、この本に取り組もうという意識の高さが受験にプラスになっているのかもしれません。

 

②完全文章タイプ

英単語ターゲット1900

私も受験生時代(25年以上前)に使っていたというロングセラーの単語集です。

英単語ターゲット1900
長らくNO1だった『試験に出る英単語』を、その不動の地位から追い出したロングセラーの名著

『ターゲット1900』の前には、『試験に出る英単語』という単語集が、長らく受験生に圧倒的に人気の単語集でした。

今から考えると信じられないかもしれませんが、『試験に出る英単語』以前の単語集は、abc順という配列がほとんどでした。当然、単語集の1番目は、冠詞の“a”という無駄なことこの上ない参考書ばかりでした。

そこに『試験に出る』という基準を単語集に持ち込んだ画期的な本だったのです。

そんな『試験に出る英単語』を不動の地位から追い出したのが、『ターゲット1900』です。わたしは、単語集の主流がちょうど『試験に出る英単語』から『ターゲット1900』に移行しようというと歴史的な時期に受験期を過ごしたのです。

圧倒的なシェアを誇った『ターゲット1900』ですが、今では、人気の単語集の1つという地位に落ちましたが、それでもまだまだ王者の存在感を示す単語集です。単語集界の「アメリカ」と言えるでしょうか?

余計な話はおいておいて、本題です。

『ターゲット1900』の例文は、実際に大学入試で取り上げられた文章からです。そのほとんどが完全な一文となっています。

見本は次の通りです。

remove を取り除く、を解雇する
(名詞)removal 除去;切除;解雇

Doctors removed part of the tumor and treated the rest with radiaton.
(大阪府立大)
「医者は腫瘍の一部を取り除き、残りを放射線で治療した。」

3~5語の簡素なフレーズの『システム英単語』と違って、かなり骨のなる例文になっています。

“tumor”とか“radiation”という単語の方が難易度が高いです。

ですので、『ターゲット1900』のデメリットは、例文まで目を通すと、回転数を増やすことができません。ちょっとした、英文解釈のテキスト並みの例文ですので。

しかしながら、英単語の暗記には単語帳を回転させることは必須です。見出し語とその訳語で回転させるしかありません。

「出る順」が売りの単語集ですが、いちばん目の単語が、“improve(~を向上させる)”とかいうところはさすがですね。

高校1年生だったら、春から夏ごろまでPart1までをしっかりやれば、同学年のライバルに対してかなりのアドバンテージになると思います。そんな高校の重要単語が目白押しです。

ターゲット1900をオススメしたい方
・大学受験に必須な見出し語を一気に覚えたい受験生

・単語集を最後までやり切る自身のない方
(出る順なので途中でも挫折してもそれなりの成果あり)

・単語が文章でどう使われるか気になる方
・英文解釈の力もあわせてつけたい方

・常に単語集を持ち運びたい方
(持ち運び便利なサイズのため)

 

DUO3.0


DUO3.0は、現代英語の重要単語1600語と重要熟語1000語を
重複なしで560本の英文に凝縮させた、驚くべき効率性を持つ単語集です。

DUO3.0
社会人にもバカ売れした短文暗記のための単語集

各セクションごとの例文もストーリーが繋がっているので、無味乾燥な例文になりがちな単語集のデメリットを克服し人気になりました。覚えやすくて、忘れにくいという夢のような単語集です。

英作文が必要な大学を受験する大学生や英語を話せるようになりたい社会人の中には、560の例文の暗記に励んだ方も多いはずです。

ただし、それなりに実力のある社会人の愛用者も多いことから、基礎のない高校1年生が取り組むのはかなり大変だと思います。

高校であるていど文法の学習が進んで、『システム英単語』や『英単語ターゲット1900』を半分くらい覚えたところで取り組むといいかもしれません。

「東大の英作文もコレ一冊で十分だった」なんていう声もチラホラ聞きます。

③長文タイプ

長文のタイプの単語集は、地味ながら人気のあるスタイルです。

速読英単語

長文タイプの単語集でも圧倒的に支持されているの単語集は、『速読英単語』でしょう。

英単語は、「文脈の中で覚える」という本来、王道の学習方法の英単語集です。

商品説明を読んでいただければ分かりますが、理想的な単語集です。

 ストーリーとともに学習することで、単語とその意味 が文脈の中で記憶されますので、覚えやすくかつ忘れにくくなります。 易しい英文から始めて、無理なく入試レベルまで到達できるように配置しており、 10本ずつを7つのSTAGEに分けていますので一歩一歩着実に進めることが可能です

実は、いちばんおすすめしたい単語集です。

この単語集の文章を何度も何度も音読することで、読解力をはじめ英語の総合力がかなり身につきはずです。英語のセンスがアップするでしょう。

短期的に考えれば、フレーズ型の単語集でゴリゴリ単語を詰め込むことが得点力アップに繋がるでしょうが、『速読英単語』をじっくりと音読した方は、後半の伸びはもの凄いことになるはずです。

速読速聴・英単語シリーズ

英字新聞を読めるようになりたい。ニュースの英語を理解したい。そんな意識の高い英語学習者に人気にシリーズです。大学受験用の単語集ではありませんが、結果として、難関校の英語対策になります。

かなり地味な存在ですが、長文タイプの単語集でおすすめなのが『速読速聴・英単語』シリーズです。

紹介したBasic、Core、Advancedの他にもOpinonなどのものがあります。

どれか1冊を徹底的に音読をやり込めば、かなりの英語の力がつくはずです。

早慶上智最難関校対策におすすめの単語集

上智やSFCなどの最難関校の対策におすすめの単語集を紹介します。

単語王2202

上智大を目指す受験生に絶大な支持を受けている単語集です。

単語王というネーミングもだてではありません。

同意語・反意語などの関連語に徹底的なこだわりを持つ新しいタイプの単語集です。

内容もボリューム満点ですが、本の重量も『ターゲット1900』などと比べても重いです。持ち運びという点ではマイナスですが、英語にこだわる学習者におすすめの単語集です。

やり抜けば、かなりの力がつきます。

鉄緑会東大英単語熟語鉄壁

東大合格に圧倒的な実績を誇る鉄緑会からの出版とのことで、派生語・語形・語法・同意義語・反意義語・用法がぎっしり詰まった単語集です。

鉄緑会東大英単語熟語鉄壁

言わずと知れた東大合格者毎年200人以上。開成、筑駒、桜蔭生が最も数多く通う塾鉄緑会のノウハウがつまった単語集です。

かなりの情報量です。『ターゲット1900』などのオーソドックスな単語集を一通りすませてからの2冊目としてもいいかもしれません。

でる順パス単英検準1級/英検文で覚える単熟語

英検対策に定評のある旺文社からの単熟語集です。

上智やSFCを目指すなら、英検準1級レベルの語彙はマスターしたいところです。

英字新聞にバンバン出てきそうな格調高い語彙が多数収録されています。一般的な難関大学合格者でも、ほとんど知らないような難易度の語彙がちりばめられています。

まとめ

大学受験生向けの英単語集は、市場も成熟していてかなりレベルの高いものが出版されています。

英語の勉強に悩む受験生がどれにしようか迷うのは無理はありません。自分の目標や将来から逆算して必要な単語集を選ぶ参考にしていただければ幸いです。

おすすめの単語集の記事を書いておいて、こういうのもなんですが、単語はやっていたらキリがありません。どこかで単語集には見切りをつけて、志望大学の過去問などでどんどん英文を多読することが大切です。

英単語の暗記を苦にしている受験生は多いですが、暗記の作業は実はラクという側面もあります。

たいして集中せずに単語集に目を通していたら、勉強をした気になりますよね。

しかし、実際に英文と触れる体験を重ねて、単語は自分の血肉となります。

単語集は効率的な英語学習のツールですが、単語集に逃げるのはやめましょう。

おすすめの記事