オススメ記事

人気の単語帳『英単語ターゲット1900』をすでに使っているという受験生も多いと思います。

人気の単語帳の特徴から勉強法まで幅広く紹介します。

『英単語ターゲット1900』の特徴

『英単語ターゲット1900』の特徴は、簡単に次の4つです。

『英単語ターゲット1900』の特徴
①「出る順」に並んだ厳選の1900語

②中心的な意味を覚える「一語一義」主義

③例文が完全な1文になっている

④持ち運びをしやすいサイズ

①「出る順」に並んだ厳選の1900語&例文

最新入試データ分析を基に選びだされた1900語とその例文が「出る順」に並んでいる単語集です。

『英単語ターゲット1900』には、

重要な英単語=試験に出る英単語

こういう哲学が感じられます。

もちろん、試験に出る英単語が重要な英単語だという考え方には、素直に賛同しかねる方も多いと思います。しかし、執筆者の主観を排してデータに基づく配列には説得力があります。

特に、出版会社が旺文社ということで、『全国大学入試問題正解』を長年刊行しているので、データベースとしての信頼度も抜群です。

1900の見出し語を次の通りに分類されています。

1.常に試験に出る基本単語800

2.常に試験に出る重要単語700

3.ここで差がつく難単語400

高校1年生なら、まずは基本単語800をしっかり覚えるように繰り返しましょう。難関大学を目指すなら当然に難単語400まで覚えましょう。

ちなみに、『英単語ターゲット1900』がPart1で配列した動詞は、トップから

improve

relate

provide

consider

include

conern

involve

このように、納得の重要動詞からのスタートでした。

②中心的な意味を覚える「一語一義」主義

単語集に情報量は求められますが、1つの単語にたくさんの訳がついていると、覚えるのが大変です。

『英単語ターゲット1900』では、重要な単語順に並んでいます。ご存知のように、重要な単語は、多義語が多いです。どれも重要な意味だからと欲張って主要な意味を5つ6つ掲載していては先に進みません。

特に高校英語にはじめて取り組む高校1年生にとっては、頭が混乱してくるでしょう。

実際には、見出し語の意味は、2つのっているものが多いですが、重要な方を先頭で太い赤字で示しています。

まずは、中心となる意味を抑えるべきでしょう。

③例文が完全な1文になっている

例文が完全な1文になっているというのは、重要な特徴です。

なぜなら、単語帳の個性は例文の形式に顕著に現れるからです。

完全な1文とはどんなものか?

イメージがわくように、『英単語ターゲット1900』の作りから紹介します。

見開き左ページ
見出し語 見出し語の意味
opportunity 機会
見開き右ページ
例文 例文の訳
Student government offers an opportunity
for students to acquire social skills.
(法政大)
学生自治は学生が社会的技能
を獲得する機会を与える。

見て分かるように、『英単語ターゲット1900』だと、例文が主語も動詞もあって、ピリオドで完結する完全な文章になっています。

上記のように見開き2ページになっていて、

左ページで見出し語見出し語の意味、そして右ページで例文例文の訳があります。

とりあえず、単語の意味だけを高速回転で回したいときは、左ページを繰り返し学習するといいでしょう。

④持ち運びをしやすいサイズ

単語集はスキマ時間で学習する人が多いと思います。

・通学時間

・学校(予備校)の休憩時間

・学校の授業での内職

当然、持ち運びに便利なのにこしたことはありません。

『英単語ターゲット1900』は、同種の単語帳に比べて、コンパクトです。持ち運びに便利です。

反対に『鉄緑会東大英単語熟語鉄壁』『単語王2202』なんかは、かなり持ち運びに不便です。しかし、そのずっしりとした重厚感が勉強している感を実感できるのでいいという方もいるでしょう。

購入する前は、持ち運びを一切気にせずに中身だけで選ぶ方が多いと思いますが、単語集とは長い付き合いになりますので、持ち運びも重視するといいと思います。

『英単語ターゲット1900』の音声面について


英単語の学習で、音声面を重視した学習というのは、近年当たり前になってきています。

20年くらい前までは、単語集に付属のCDはおまけくらいの扱いでしたが、CDなどで正しい発音をチェックするのは、常識となっています。

『英単語ターゲット1900』では、残念ながらCDは本に付属していなく別売りになります。

別売りCDにありがちな、「ちょっと高め・・・」がネックですが、単語集の本体が1,000円とかなり割安なので、無理をしても手に入れたいところです。

しかし、WEB上で音声ファイルを無料でダウンロードすることもできますので、そちらも活用するといいでしょう。

 

『英単語ターゲット1900』の対象レベル

『英単語ターゲット1900』は、高校1年生から早慶レベルまで十分狙えるという使い勝手のいい単語集です。

ただ、上智やSFCといった英語の難易度が極端に高い大学だと、これだけでは全然足りません。そこは補強が必要です。ただ、言うまでもありませんが、足りないからといって、疎かにしていいはずはありません。

あと、この単語集を覚えれば絶対に早慶の普通の学部やMARCHクラスを合格できるかといえば、必ずしもそうではありません。

私もいろいろな受験生を見てきましたが、単語レベルと得点力は別物です。

単語を多く知っていて、それなりに構文を熟知していても、長文を多く読み込むという勉強をしていないと得点に結びつきません。

大学入試は、

apple = りんご

といった単純な理解を問うている試験ではないからです。

長文の中で、『英単語ターゲット1900』に掲載されていた単語とどれだけ多く接触できるかが重要です。

opportunity=機会

こう覚えることがゴールではないのです。

単語集を使うというのは効率的な受験勉強法ですが、過信してはいけません。

一定の段階から、単語集だけの学習では伸び悩みます。

『英単語ターゲット1900』の勉強法


これは、『英単語ターゲット1900』に限らずに、単語の暗記に共通することですが、

・1個1個を確実に覚える

・忘れてもいいから大量に

単語暗記のスタイルには、この2つのタイプがいると思います。

後者のスタイルが良いです。断然にいいです。

しかも、ただ大量に覚えるのではなく、

短時間に大量に単語集を回す

このスタイルを築くべきです。自分なりのスタイルをです。

単語の暗記はダラダラやるべきものではありません。受験生にすべきことはたくさんあります。

30分なら30分。15分なら15分と時間を決めて、その時間は他のことは一切考えずに集中して単語集を回転させるべきです。

単語集を回転させるといっても、いろいろやり方があります。

次の『英単語ターゲット1900』をどう勉強するのかヒントになる記事を紹介します。

『武田塾のサイトから『英単語ターゲット1900』の勉強法

餅は餅屋と言います。

難関大学合格に定評のある予備校のサイトから、『英単語ターゲット1900』の学習法を紹介します。

まずは、武田塾さんからです。

1、見出し語の英語と和訳を順番に声に出す×2回
(「improve を向上させる」「improve を向上させる」と2回声に出したら次の単語に移る)

2、1番の作業をその日の範囲が終わるまで繰り返す
(1〜100番を覚えたいなら100番目の英単語までやる)

3、ここまでをワンセットとし、これを1日に3周する
(朝に1周、昼に1周、夜に1周という感じ)

4、これを7日間連続で続ける
(月曜日から日曜日まで同じ範囲を毎日3周する)

ー武田塾のサイトより引用:ターゲット1900の正しい使い方や対象レベルは?

難関私大専門塾マナビズムのサイトから『英単語ターゲット1900』の勉強法

次に難関私大専門塾マナビズムさんのサイトからです。

①毎日範囲を決めてそこを繰り返し暗記する

1日50単語など範囲を決めてそこを繰り返しましょう。

ここで注意することは声に出しながら行うことです。

算数の九九などと同じで声に出しながら繰り返すことで理解度が違ってきます。

覚え方ですが、英単語を書いて覚えるという人もいますが、赤シートで隠して何回も見た方がいいです。

英単語を10回書いている間に20回見ることができるので、赤シートで隠して繰り返し見た方が効率がいいです。

【範囲を決めて勉強する例】

(月)1〜50
(火)51〜100
(水)1〜100
(木)101〜150
(金)150〜200
(土)101〜200
(日)1〜200

上記のように、単語を進める日と復習する日に分けて覚えていきましょう。

覚えれないところをなんども繰り返すのではなく、1周目だと割り切ってどんどん進んでいき、なるべく早く1周終わらせるようにしましょう。

②ペースをあげて何回も繰り返す

1周目は1日50単語だったのを1日100単語のように増やして前回よりも早く終わらせることを心がけましょう。

覚えることができない単語にはチェックをして、苦手な単語を意識しながら進めていきましょう。

ただ覚えるときに単調になりやすいので、アプリや音声データなども利用して自分に合ったやり方で取り組みましょう。

③派生語・類義語なども覚えていく

1〜2周目は見出し単語を重点的に覚えて、慣れてきたら派生語・類義語なども覚えていきましょう。

ただ、中堅私立大学を志望する受験生は、1〜1500の見出し単語だけでも十分対応できるので、無理して派生語・類義語を覚える必要はありません。

なんども言いますが、英単語帳はとにかく高速周回を意識して覚えれないところで立ち止まらないようにしましょう。

英単語を覚えていないと、英文法・英語長文の勉強がスムーズに行えないのである程度の語彙力はなるべく早く身につけましょう。

難関私大専門塾マナビズムのサイトより引用:【英単語ターゲット1900】特徴・使い方・勉強法

 

もちろん、単語の学習法にどれが絶対に正しいということはありません。自分なりのスタイルを作ることが大切です。しかし、何度も繰り返し覚えるということは共通しています。

『英単語ターゲット1900』の関連教材

『英単語ターゲット1900』は、人気の単語集だけあって、別売りのCD以外にも関連の教材が多く販売されています。

英単語ターゲット1900書き覚えノート5訂版

『英単語ターゲット1900[5訂版]』に完全対応した、 「書いて覚える」ための書き込み式ノートです。

単語集に収録された1900語を、20語(または10語)で1区切りのドリルにし、 書いて、復習して、定着させる構成になっています。

『英単語ターゲット1900』だけでなく、書き覚えノートで単語を覚えやすいという学習者も多いです。そんな学習者におすすめの1冊です。

カード英単語ターゲット1900 5訂版

『英単語ターゲット1900〔5訂版〕』のPart 1「常に試験に出る基本単語800」を収録。初めから切れているカードで、英→日、日→英の両方から使えます。発音記号とカナ発音を併記。目的や進度に合わせて自由に使える赤と白のリング付きです。

注意すべきは、基本の800語のみということです。

ですので、高校レベルの英単語の暗記に慣れていない高校1年生には役立つはずです。

カード英単語ターゲット1900(2)

『英単語ターゲット1900〔5訂版〕』のPart 2「常に試験に出る重要単語700」が収録されています。

初めから切れているカードで、英→日、日→英の両方から使えます。発音記号とカナ発音を併記しています。

カードで覚えやすいという学習者におすすめです。

英文で覚える 英単語ターゲットR

『英単語ターゲット1900[5訂版]』のPart 1・Part 2掲載の入試頻出語1,500語を様々なテーマのオリジナル英文100本の中ですべてカバーしています。文脈の中で覚えるから、各単語の使い方やニュアンスを理解できます。

ただし、英文のレベルがかなり高いので、高校1・2年生が1から単語を覚えようとするのは、厳しいでしょう。

『英単語ターゲット1900』以外の人気の単語集

『英単語ターゲット1900』以外にも人気の単語集はあります。

『英単語ターゲット1900』をよく知るには、その他の単語集の特徴を知って、違いを理解しましょう。

次の記事を参考にしてください。

まとめ

『英単語ターゲット1900』は、入学したての高校1年生から早慶クラスを目指す受験生まで役立つ単語集です。

ただし、完全無欠の英単語集はありません。どの単語集も一長一短あるからです。

特に成績が伸び悩んだりすると、周りの友達の単語集を横目に、「本当にこの単語集でいいのかなあ?」と迷いがちです。

そんな時間は無駄です。

信じて繰り返し学習をしましょう。

それに、一定のレベルに達したら単語帳だけの学習は卒業です。

志望校の赤本などで、多くの長文にあたる必要があります。

受験英語にとって、単語集は欠かせない参考書ですが、いつか飛び立つ時期を意識して、単語集の卒業を睨んだ学習計画を立てましょう。

 

    おすすめの記事