オススメ記事

『メールも英語は3語で伝わります』は、英会話や英作文に取り組んでいるすべての学習者におすすめです。

2016年初版の新しい本ですが、かなり人気の本のようです。私も書店ではじめて見かけたときは、特に気にならなかったのですが、周りの友人たちが「すごくいい本だよ」と立て続けに絶賛していたので、手に取ってみました。

想像以上に内容の濃い本で、速攻で購入しました。

英文を作る発想力を磨ける1冊

「会話もメールも英語は3語で伝わります」の内容は?

3語で伝わると言うのは、どういうことでしょうか?

筆者の中山裕木子さんは、「主語+動詞+目的語」(SVO)といった3語だけで英会話を成立させるというユニークなメソッドです。複雑な構文を使わないことを提唱される類書はたくさんありますが、このメソッドからすると、SVOOやSVOCといった構文でさえ複雑な部類に入るようです。

ただ奇をてらった企画本ではなく、文を作成する際に、本来は動詞を使った方が自然な表現を名詞に頼りがちな日本人英語の弱点を見事についた一冊になっています。

例えば、帯に大々的に説明されていますが、「私の仕事は英語の先生です。」を英訳するとどうなるでしょうか?

× My job is an English teacher.

〇 I teach English.

My jobのような名詞が中心になりがちな日本人的な英語に対して、teachと動詞で表現する方が自然で斬れる表現です。

つまり、『会話もメールも英語は3語で伝わります』は、英訳を難単語への置き換えに終始しがちな日本人英語を自然な中学レベルの基本単語で伝える発想の転換方法を教えてくれます。かなりの良書です。

また、多くの日本人学習者に役立つのは、CHAPTER2のwhenやifを使う文を、「条件節」を使わずに書くテクニックです。

どういうことかと言うと、

「あなたがテレビを見ていると、私はイライラするの」

When you watch TV, I get irritated.
↓↓↓
Your watching TV irritates me.

 

このように、2つの節のある複文にせずにシンプルな単文(主部+述部が1つの文)にするテクニックは、文章を短くするのに役立ちます。

ちなみにCHAPTER5では、「3語で伝える」ために、バッサリと捨てるべきこととして、次の8つを列挙されています。

〇There is/are構文を捨てる

〇仮主語と仮目的語のitを捨てる

〇SVOO・SVOC構文を捨てる

〇イディオムを捨てる

〇not文を捨てる

〇難解な英単語を捨てる

〇難しい時制を捨てる

 

特に上から5つの項目は、日本人が好んで使う傾向がある(受験で頻出)のですが、文章を長くしてしまったり、文意がぼやけたりしがちです。

「会話もメールも英語は3語で伝わります」は読んで終わりにしない

「主語+動詞+目的語」(SVO)といった3語だけで英文を構成するというのは、実は簡単ではありません。

英語ツウ
本の例文を読んでいると、「言われてみれば、そう言えるね。」と思うかもしれないけど、自分でSVOの形におさめた文章を作るためには、ちょっと訓練が必要だよ。

 

はるか
簡潔な文章にするのも練習が必要なのね。

『会話もメールも英語は3語で伝わります』は、非常におすすめの書籍ですが、メソッドなので合う合わないがあると思います。この本を読んで、メソッドに共感したら、次の続編でトレーニングをするといいでしょう。

英語は3語で伝わります【どんどん話せる練習英文100】

【おさらい! 3語で話すための10のコツ】 

コツ1 be動詞を避けよう
× My hobby is reading books. →会話が「生き生き」しない
○ I enjoy reading.

コツ2 受動態を捨てよう
× A smartphone can be used for many things. →まわりくどい
○ A smartphone has many uses.

コツ3 イディオムと難しい単語も捨てよう
× This meal is easy on the wallet.→もっとシンプルに表現できる
○ This meal saves money.

コツ4 現在形で「今」を大切にしよう
× I am studying Spanish. →「今だけ!」というニュアンスになる
○ I study Spanish.

コツ5 There is/are構文を捨てよう
× There are many temples in Kyoto.→他人事のような印象を与える
○ Kyoto has many temples.

コツ6 SVOOとSVOCも捨てよう
× I found his plan interesting.→とっさに組み立てるのが難しい
○ His plan interests me.

コツ7 仮主語It is...を捨てよう
× It's easy for me to understand your situation.→結論がすぐ伝わらない
○ I understand your situation.

コツ8 否定のnot文を減らそう
× He doesn't have any pride.→ネガティブな印象が強まる
○ He has no pride.

コツ9 はっきり詳しく言おう
× We will be glad if you help us.→正しいが、伝わりにくい
○ We need your help.

コツ10 シンプル単文を作ろう
× If you have any questions, please don't hesitate to ask us. →主語と動詞が2セット登場して、難しい
○ We welcome any questions.

これらのメソッドを実践で身につけたいならおすすめの1冊です。

おすすめの記事